ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント

声明・見解・論説・時事コメント

基本理念や基本政策に基づき、政治的なテーマなどについてコメントを発表しています。            【声明】重要な政治的課題や事件についての対外的なアピール                           【見解】重要な政治的課題や事件についての立場や考え方                             【論説】解説的な要素も含めて課題について論じるもの                                【談話】即時性を重視し、個人または連名で明らかにする立場や考え方
【共同代表コメント】政治を市民の手に取り戻すために

<共同代表コメント> 2013年5月18日   政治を市民の手に取り戻すために 緑の党・共同代表                  中山均、すぐろ奈緒、髙坂勝、長谷川羽衣子  5月17日、「みどりの風」への「日[・・・続きを読む]

【声明】7月参院選は歴史的分岐点。 不退転の決意で、緑の党の議席をかちとろう

【声明】 7月参院選は歴史的分岐点。不退転の決意で、緑の党の議席をかちとろう                ~選挙まで待ったなしの100日~ 2013年4月6日 緑の党全国協議会 参院選に向けて準備整う 参院選の予定候補[・・・続きを読む]

【談話】「1票の格差」問題-本当に必要な課題は何か?

【談話】 「1票の格差」問題-本当に必要な課題は何か?民意を歪める小選挙区制度と高額な供託金制度の廃止、比例中心の選挙制度へ  2013年3月29日 中山均(緑の党・共同代表)    いわゆる「1票の格差」をめぐり、違憲[・・・続きを読む]

【声明】いのちと環境、生活を破壊するTPP参加に反対します

【声明】いのちと環境、生活を破壊するTPP参加に反対します  2013年3月18日 緑の党 運営委員会  3月15日、自民党の「聖域なき関税撤廃を前提にする限り反対する」との公約を破り、安倍首相はTPP(環太平洋経済連携[・・・続きを読む]

【声明】原発震災から2年―福島を忘れず、一日も早い全原発の閉鎖を

  【声明】原発震災から2年―福島を忘れず、一日も早い全原発の閉鎖を 2013年3月8日 緑の党運営委員会     東京電力福島原発事故から2年。事故は収束からほど遠く、現在でも16万人以上の人びとが避難を余儀なくされて[・・・続きを読む]

【談話】2012年度補正予算成立を受けて

  【談話】2012年度補正予算成立を受けて  ― 熟議なき「人よりコンクリート」 2013年3月1日 緑の党共同代表 中山 均   去る2月27日、国と地方をあわせて20兆円規模となる2012年度補正予算が参議院での1[・・・続きを読む]

【談話】北朝鮮による核実験に強く抗議します

  【談話】北朝鮮による核実験に強く抗議します          ―北東アジア地域の真に実効的な平和構築の枠組みの実現を 2013年2月13日 緑の党 共同代表 中山 均  2月12日、北朝鮮は国際社会や「事実上の後ろ盾[・・・続きを読む]

【声明】安倍政権の原発推進は危険な斜陽産業への無駄な投資

【声明】安倍政権の原発推進は危険な斜陽産業への無駄な投資 持続可能で安全なエネルギー政策への転換を! 2013年2 月5日 緑の党 運営委員会 自民党が過去50年以上にわたって進めてきた原発推進政策は、東京電力福島第1原[・・・続きを読む]

【論説】アベノミクスは人びとの生活を破壊する

【論説】アベノミクスは人びとの生活を破壊する 2013年1月25日 緑の党 運営委員会 安倍政権は、アベノミクスと呼ばれるデフレ脱却・経済再生の政策を華々しく打ち出してきています。この政策は(1)公共事業(「機動的な財政[・・・続きを読む]

【談話】正当な市民活動への不当な逮捕に抗議します

【談話】 正当な市民活動への不当な逮捕に抗議します 2012年12月28日  共同代表 長谷川羽衣子  下地真樹准教授(阪南大学)らが12月9日に大阪府警よって不当に逮捕され、すでに3週間近くも勾留されています。12月2[・・・続きを読む]

ページ先頭に戻る