ホーム > 世界のみどり > 世界のみどり 最新情報 > 【世界のみどり】ドイツ緑の党ミュンヘン支部長が来日

世界のみどり 最新情報

【世界のみどり】ドイツ緑の党ミュンヘン支部長が来日

2013/02/28


2月中旬、ドイツ緑の党ミュンヘン支部長がメンバーと共に来日しました。
福島で講演を行い、関東・関西で日本の緑の党Greens Japanメンバーとも交流しました。

■2月9日 福島県郡山市での講演会

郡山市議会議員へびいし郁子のチャレンジ
「2月9日 脱原発、何が違うの? ドイツと日本!」
http://h-cosmos.blog.ocn.ne.jp/ikuko/2013/02/post_7612.html より




■2月11日 東京での交流

(緑の党Facebook http://www.facebook.com/greensjapan より)
本日夕方に、ミュンヘン・ドイツ緑の党の皆さんが事務所に来てくれました。
短い時間でしたが、意見交換を行い、親交を深めることができました。




■2月13日 京都での交流
(共同代表、長谷川羽衣子Facebook http://www.facebook.com/uiko.hasegawa より)
ドイツ緑の党・ミュンヘンの共同支部長マルクスさん&アンチェさん、そして党員のテュルクご夫妻が福島の現状の視察と日本のエネルギー政策を研究するため来日されました。案内はお友達の立命館大学のヨークさん。

今日はミュンヘンご一行と、私と夫、そしてユースのホープで長谷川選対を担ってくれている惟基君の計8人で会いました。植治さんのお庭が素晴らしい元山県有朋邸の料亭(お値段お手頃)で3時間、話が尽きず近くのレストランで二次会になだれ込み、4時間に渡って盛り上がりました。緑の党の参議院選挙への取り組み、ミュンヘンでも秋に選挙がありマルクスさんがリ立候補すること、農業政策、エネルギー政策、経済政策、落語、歴史、豆腐…など話は多岐に渡りました。

マルクスさんが当選したら、京都とミュンヘンで再エネ連携都市協定を結ぶことを約束し、握手を交わしました(笑)世界に仲間がいるって良いな~。合言葉はGreens!


■ドイツの新聞に掲載された来日の様子

ページ先頭に戻る