ホーム > 【世界のみどり】防空壕からウクライナ緑の党の訴え

世界のみどり 最新情報

【世界のみどり】防空壕からウクライナ緑の党の訴え

2022/03/15

ウクライナ緑の党代表ヴィターリー・コノノフさんが防空壕で書いたという訴えが届きました。この中の「飛行禁止区域の設置」については、緑の党グリーンズジャパンも、アジア太平洋緑の党連盟(APGF)も必ずしも支持するものではありませんが、現地の深刻な状況を切実に訴える内容となっているので共有します。

ー-----------------------------------

 

 

ウクライナ緑の党から世界の緑の仲間にアピール

2022年3月9日

キエフ、ウクライナ
 

親愛なる緑の仲間へ!

私たちは、2022年2月24日という運命の日以来、ロシア軍から容赦なく攻撃され、爆撃を受けている故郷ウクライナから、防空壕からあなたにメールを書いています。

ウクライナ人は無差別に攻撃され、巻き添え被害は都市の完全破壊に及び、軍事とは無関係の多くの市民・社会基盤が破壊され、何千人もの市民が死傷しているのです。何百万人もの人々が家から逃げ出しています。ウクライナ軍と市民防衛のボランティアが武器を取り、ウクライナの存続のために戦っています。そして、それらはかなりの程度成功しています。しかし、空からのミサイルや爆弾による攻撃は、最大の被害をもたらしています。私たちは無力です。空からの攻撃に対抗する武器がないのです。

私たちは、皆さんに支援を呼びかけます。飛行禁止区域を設定し、私たちの空を守るよう、各国政府に働きかけてください。これは、国連憲章、CSCE Final Act、ブダペスト覚書に完全に合致する抑止力であり、侵略的な戦術ではありません。

CSCE Final Actに基づく1994年のブダペスト安全保障覚書で、ウクライナは次のことを保証されました。

  1. ウクライナの独立、主権、既存の国境は尊重されるものとする。
  2. 署名国は、ウクライナの領土又は政治的独立に対する武力による威嚇又は武力の行使を行わないものとする。
  3. 署名国は、経済的圧力によってウクライナの政治に影響を与えることを控えるものとする。
  4. 国連安全保障理事会の即時行動により、ウクライナが「核兵器が使用された侵略行為または侵略の脅威の対象」の被害者となった場合、支援を行うものとする。
  5. ウクライナに対して核兵器を使用してはならない。

上記のほとんどは、2014年以降今日までロシアによって侵害されています。しかし同時に、ブダペスト覚書は正式に終了していません。だから、他の署名国であるイギリスとアメリカは、未履行の義務を果たすべきです。このメッセージを、適切な判断を下すことができるすべての人に伝えるよう、強く求めます。

このタイミングでウクライナを助けないのは、危険な前例となります。第一に、大国による小国への好戦的な態度が絶え間なく続くことになります。ルールに基づく秩序ではなく、強者の力が支配することになります。第二に、核不拡散が危うくなります。より多くの国家が核保有をめざそうとするでしょう。第三に、第二次世界大戦後の欧州における安全保障の構造を壊すことになります。

世界の平和と安全のために、民主主義と平和的手段による紛争解決のために、そしてルールに基づく世界秩序のために、どうかウクライナを助けてください!空を守り、国民を死から守り、国を壊滅から守ってください。

      敬具

ウクライナ緑の党代表 ヴィターリー・コノノフ

 

(英語原文は下のとおり)


Appeal of Ukrainian Greens to the Greens of the world

March 9, 2022, Kyiv, Ukraine

       Dear Green Friends!

       We are writing to you from bomb shelters, from our home Ukraine, which is mercilessly attacked and bombarded by Russian forces since the fateful day – February 24, 2022.         
  Ukrainians are indiscriminately hit, collateral damage amounts to total destruction of cities, many civil and social infrastructures that have no relevance to the military are destroyed, thousands of civilians dead and injured. Millions are fleeing their homes. Ukrainian army and civil defense volunteers have taken up arms and are fighting for the survival of Ukraine. And they are successful to a great extent. But, missile and bomb attacks by air are causing greatest damage. We are helpless. We have no weapons to counter air attacks. We appeal to you for support. Please urge your governments to help protect our sky by having a no-fly zone. This is a deterrence and not an invasive tactic, in full consonance with the UN Charter, CSCE Final Act and the Budapest Memorandum.

       Going by the points of the Budapest Memorandum on Security Assurances of 1994, based on the CSCE Final Act, Ukraine was assured the following:

  1. Ukraine’s independence, sovereignty, and existing borders shall be respected.
  2. The signatories shall refrain from the threat or use of force against the territory or political independence of Ukraine.
  3. The signatories shall refrain from influencing Ukrainian politics with economic pressure.
  4. Immediate United Nations Security Council action shall provide assistance to Ukraine if it becomes the victim “of an act of aggression or an object of a threat of aggression in which nuclear weapons are used.”
  5. Nuclear weapons shall not be used against Ukraine.

        Most of the above were violated by Russia since 2014 till today. At the same time, the Budapest Memorandum (text attached) has not been formally terminated. So, the other signatories, the UK and the USA, should fulfill their outstanding obligations. We urge you to convey this message to all who can take appropriate decisions.

        Not helping Ukraine at this hour sets a dangerous precedent. First, belligerence by bigger states on smaller states will go unabated. Not a rule based order but the might of the powerful will dominate. Second, nuclear non-proliferation will be jeopardized. More states would try to aspire for nuclear status. Third, this will break the security architecture of the post-World War II in Europe.

        For the sake of world peace and security, for democracy and resolution of conflicts through peaceful means and for a rule based world order, please help Ukraine! Protect out skies, protect our people from death, our country from devastation.

      Yours sincerely,

Vitaliy Kononov, Chairperson, Partija Zelenykh Ukrainy  (Party of Greens of Ukraine)

ページ先頭に戻る