ホーム > 【世界のみどり】各国の緑による「3.11から10年」

世界のみどり 最新情報

【世界のみどり】各国の緑による「3.11から10年」

2021/04/01

東電福島第一原発事故から10年となる今年3月、
各国の緑によって様々なかたちで行われたイベントやアクションを紹介させていただきます。


【 韓国緑の党 】

■韓国緑の党、緑の党グリーンズジャパンとの共同宣言を発表  (ハングル・日本語・英語)
http://www.kgreens.org/commentary/3-11-핵발전사고-10

■ 各地域の緑の党による関連行事
ソウル(3.11)
「緑の党」脱原発パレード
「中浪緑の党」3.11km中浪川脱原発ウォーキング

大邱(テグ)(3.10)
「核なき世界のための大邱市民行動」記者会見・脱原発行進

慶尚南道(3.10)
「脱原発慶南市民行動」記者会見・脱原発行進

済州(3.11)
「済州脱原発道民行動」ピケットデモ

光州(クァンジュ)(3.11)
「核のない世界、光州全南連帯」記者会見・パフォーマンス・映画上映会

大田世宗(3.11)
「核再処理実験阻止30キロ連帯」記者会見・脱原発行進

■1人ピケットデモ
自分のいる場所からの発信  (2分38秒動画)
YouTube Preview Image

 
【 ベルギー緑の党 】
 ■原発担当 連邦議会議員のサミュエル・コゴラティ氏による声明
福島から10年経った今でも800万人のベルギー人がヨウ素錠剤を持っていません!」  
https://ecolo.be/10-ans-apres-fukushima-8-millions-de-belges-toujours-sans-pilule-diode/

■ 事故被害者ソノダさんによるビデオメッセージを動画で公開

https://www.facebook.com/watch/?v=747005939308199



【ドイツ:ベル財団】
(※ドイツでは各政党をサポートする政党財団があり、ベル財団はドイツ緑の党をサポートする財団です)

■オンラインイベント:見えないことを可視化する
フクシマから10年、チェルノブイリから35年
~「歴史」と呼ぶにはまだ早い~(仮訳)を実施
https://calendar.boell.de/en/event/making-invisible-visible?fbclid=IwAR2ke5WGPgICd1cWxc5Onay10gSfoQpUopQadZq89fwgfXH7oCpw-KtmuKQ  

前出のソノダさんがパネリスト参加し、事故当時の様子と避難者や日本政府の現状を伝えました。


(4月5日追加)
【原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議 へのメッセージ】
オンラインで開催された「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議 ~福島原発事故から10年~」に、EU、ドイツ、オーストラリアの緑の党メンバーがメッセージを寄せています。
https://20210311.genjiren.com

●EU議会/ドイツ レベッカ・ハルムス氏
/3.11 Global Conference Video Message 【Rebecca HARMS】
https://www.youtube.com/watch?v=4NQNHmKKqiQ
核燃料サイクルと高レベル放射性廃棄物 https://youtu.be/pB5iXIVMPEg

●ドイツ:シルビア・コッティング=ウール氏
3.11 Global Conference Video Message 【Sylvia KOTTING-UHL】
https://www.youtube.com/watch?v=imSaPhHAsqc
クロージング https://youtu.be/sz3LO4YveOI

●オーストラリア:スコット・ラドラム氏
3.11 Global Conference Video Message 【Scott LUDLAM】
https://www.youtube.com/watch?v=tFBIlgKBW_g



ページ先頭に戻る