ホーム > 【世界のみどり】ニュージーランド緑の党 LGBTQIA+への「転向療法」の禁止を加速させる

世界のみどり 最新情報

【世界のみどり】ニュージーランド緑の党 LGBTQIA+への「転向療法」の禁止を加速させる

2021/02/27



【写真】ニュージーランド緑の党が呼びかけたWEB署名
    「転向療法を今終わらさなければ」
    https://action.greens.org.nz/ban_conversion_therapy より

ニュージーランド緑の党は昨年10月に行われた総選挙(1院制、
定数120)で10議席を確保しました。この10名の内、女性は7人、
マオリは3人・LGBTQは4人と、多様性に富んだメンバーで、
大臣2人が就任してアーダーン労働党政権に閣外協力をしています

2月に入り、緑の党は「転向療法の終了を緊急に優先する」こと
を求める請願署名はじめました。

「転向療法」とは心理的または精神的介入を用いてLGBTQIA+な
性的マイノリティの人の性的指向や性自認を変更させる試みです。

転向療法によってセクシュアリティが制御または変更されるとい
う確かな証拠は見つかっておらず、医療機関は転向療法の実践が
無意味で、潜在的に重大な有害な結果をもたらす可能性があると
警告していました。

この請願署名は、わずか9日間で158,000以上が集まりました。
ニュージーランドの人口は504万人なので、
日本の人口に換算すると、375万人もの署名を集めたことになります。

ほとんどの主要政党もこの「転向療法」に反対の立場を表明しており、
労働党政権は2022年後半までに転向療法の非合法化を約束していましたが、
世論の高まりを受け、ついに今月2月22日「遅くとも今年の終わりか来年
の2月までに国内での転向療法の実践を禁止する法律を可決する」
発表しました。

この政府発表に対して、緑の党は歓迎の意を表しつつ、法律作成過程に
おいても協力していくことを表明しています。


【参考情報】
■New Zealand to outlaw conversion therapy practices
[2021/2/22:ニュージーランド政府 転向療法禁止を打ち出す]
https://www.jurist.org/news/2021/02/new-zealand-to-outlaw-conversion-therapy-practices/

■Green Party Celebrate Fast Tracked Timeline For Banning Conversion Therapy
[2021/2/22:緑の党、政府による転向療法禁止の前倒しを歓迎]
https://www.scoop.co.nz/stories/PA2102/S00115/green-party-celebrate-fast-tracked-timeline-for-banning-conversion-therapy.htm

ページ先頭に戻る