ホーム > 世界のみどり > 世界のみどり 最新情報 > 【世界のみどり】韓国緑の党が新型コロナウイルス対策に関する緊急声明を発表

世界のみどり 最新情報

【世界のみどり】韓国緑の党が新型コロナウイルス対策に関する緊急声明を発表

2020/02/27

 韓国緑の党は2月24日に新型コロナウイルス対策に関する緊急声明を発表しました。

韓国では4月に総選挙が行われるため、緑の党も「気候の危機を防ぐ緑の党を国会に!」を掲げて準備を進めています。現在、党内候補者選考の最終段階を迎えているようです。

20200224kankokugreens

韓国緑の党の声明ページ
http://www.kgreens.org/commentary/비상-입장문-코로나19-대책과-시민건강-그린뉴딜/?fbclid=IwAR0mmhpN2j3u8avJw8dukxp_SRGCRu6amrpmaXYQ_BjZwcpEfVFkg2TJ9Wc

 

<自動翻訳を基にした暫定訳>

 

【緊急声明】コロナ19対策と市民の健康グリーンニューディール

 

○公共医療の拡充と地域拠点の公共病院拡充
○コロナ19(新型コロナウイルス)緊急経済支援
○公共医大設立と医療従事者の拡充予算編成

 

 緑の党はコロナ19対策に余念のない政府と疾病管理本部、防疫従事者、医療スタッフ、公務員の労苦に感謝を表し、感染者の快癒をお祈りします。新型インフルエンザ、サーズ、マース、コロナ19のような感染症が定期的に発生し、気候危機の状況の中で、大規模な感染症と災害はさらに頻発することが予測されます。気候の危機に起因する大規模な災害に対応するには、適応政策と公共医療の拡充が急務です。

 したがって、今の時代に合った選択肢は、民主党の健康を個人の責任とする「健康インセンティブ制」公約であってはなりません。緑の党が第1公約に掲げたグリーンニューディールは、市民の生存のために、気候危機の緩和と適応に対して、政府の予算・人材・資源を戦時下に匹敵するほどに投入して、経済社会を切り替えることです。緑の党は、公共医療の拡充と人材確保に予算を投入して、市民の健康と安全を確保し、医療の不平等を解消し、雇用を創出する市民の健康グリーンニューディールを提案します。

 

◆問題点

  • 生態系の破壊や工業式畜産:コウモリ由来コロナウイルスは、無分別な開発による生息地の破壊や気候変動、野生動物の無分別な搾取に人間の生活空間が重なり発生。家畜種の生産量の増大のために、単一の種に再編され、伝染病の拡散環境を形成している。生態系の破壊と、単一の種密集飼育(工業式畜産)は、新しい人獣共通感染症の周期的な発生がしやすい環境を作っている
  • 移動と密集:中国で発生したコロナウイルスは、飛行機の移動速度の時間だけ速く世界に広がった。国内でも感染者の移動距離に比例して拡散速度が速くなる。大都市の密集空間、例えば、新天地教会のような密集空間のウイルスは急速に広がった。移動と密集が加速している感染症の制御はさらに困難
  • 地域社会回復力:災害の国レベルの対応システムと同時に自治体、コミュニティレベルでの対応と回復力が重要。気候の危機に起因する災害と感染症の拡散防止において一次対応は、地域社会と自治体が行う必要がある
  • 公共性と民主主義:民主的な社会であるほど、災害にも対応。透明な情報公開とコミュニケーションは必須。感染症などの危機的状況時に最大の被害を受けるのは、社会で最も脆弱な市民。恐怖が支配する状況では、個人の烙印と嫌悪、排除が生じやすいので、防疫は人権である ※「防疫が人権であることを認識し、脆弱層、外国人、障害者などもコロナ19診療を受けることが困難とならないよう周知ください。(2020年2月22日、汎学界コロナウイルス感染症-19対策委員会)」

 

◆緑の党の提案と約束

1.病院の閉鎖や救急患者等の医療空白・対応空白を埋める代替策の用意

  • 吸器の発熱患者のコロナ19患者を選別する選別診療所拡充。コロナ19患者が安全に治療を受けることができるよう専門医療機関の拡充。専門病院の指定時に、病院の患者分散収容対策作り。民間医療機関の協力義務化
  • 病院の緊急治療室の閉鎖のために慎重に検討した。救急患者、高齢者、慢性疾患患者の診療空白が生じないよう対策急務。コロナ19対応により、既存の患者や救急患者のための医療空白が生じないように対策樹立
  • 高齢者、障害者、乳幼児など支援が必要な人のために看病の空白が発生しないように対策樹立。マスク無償供給-高齢者と健康脆弱階層

 

2.経済被害を受けた市民の直接サポート

  • レストランなど自営業、流通業の営業停止などのコロナ19防疫に協力しながら、経済的打撃については政府が補償。日雇いを含む労働者の賃金保全
  • 呼吸器系患者および発熱患者には、医師の診断書なしで、有給病気休暇を認め、家族の中に同様の呼吸器系患者および発熱患者が出た場合も、看病のための有給休暇を認める
    有給病気休暇と有給看病休暇について零細自営業者の雇用労働者には、政府が、いくつかの補償
  • 公共交通機関の利用者の保護と社会的、個人的サービス業従事労働者への適切な保護のために伸縮的な労働時間制あるいは部分休業の適用

 

3.地域拠点の公共医療機関の設立と関連予算大幅に拡充

  • 地域拠点公共医療機関が感染症専門病院の役割をすることができるようにサポート。基礎自治団体1つまたは2~3個ごとに1カ所以上の地域拠点の公共病院施設(国公立医療機関)を備え、地域社会自律的な防疫システムを備えなければならない
  • 陰圧室(病室内の圧力を下げて空気が外に出ないようにした病室)、公立病院と病床の不足は確定者が増え、現実となった。気候危機の時代、公共医療を拡充することで感染症から災害時の市民の健康と命を救うことができる  ※国指定入院治療病床(陰圧室)を運営する医療機関は全国29カ所、198病床だけ
  • 2020年の補正予算と2021年医療予算に公共医療施設の拡充予算を大幅に反映。公共医療施設の割合は、病床数基準にすると、韓国はわずか10%(OECD加盟国の平均73%、最も少ない米国と日本もそれぞれ27%、22%)。マース事態を経験しても、公共医療施設の拡充は行われていない。コロナ19防疫も疾病管理本部のシステムによって行われているだけで、物理的施設は、ムン・ジェイン政府に全く改善されていない
  • 市民参加の地域保健・福祉の連携システムのガバナンスと一次医療システムの構築。広域度別の健康委員会の設置及び運営を通じて、危機的状況の際の事前対策づくり。市民と一緒に行う模擬訓練の実施
  • 青島対南病院の教訓に基づいて収容型の精神病院の解体。コミュニティベース(community based)精神医療システムの構築に収容型の精神病院メンタルヘルス脆弱者脱施設の選択肢用意

 

4.公共医学部設立や医療人材拡充

  • 公共医療人材の養成と拡充急務。緑の党は、公共医学部の設立推進を主張する。国立医薬系の定数を一定割合(30~50%)増やし全額奨学生とし、地域バランスに配慮して、地域公共医療に10年間義務勤務する政策を直ちに立法化
  • 地域拠点公共病院と国立大学病院、国立中央医療院のネットワーク化に、地域的、全国的で効率的な公共医療システムの構築
  • 感染病専門の人材が常に存在するには公共病院と国家で責任を持って運営する感染病訓練・教育・研究機関など感染病インフラがなければならない。したがって感染症専門病院の設立と感染症の専門人材の拡充を同時に推進
  • 看護人材の拡充を急ぐ(韓国の病床当たり看護職員はOECD平均の3分の1未満であり、看護師のみでは5分の1の水準)。家族介護者が病院で感染することはあってはならない。看護職員の適正基準提示の義務化、看護職員の過重労働緩和と労働環境の改善

 

 2020年2月24日
 緑の党

 

参照と諮問:

  • 健康権実現のための保健医療団体連合、2020年2月14日。声明:致命的なのは、ウイルスではなく、不十分な公共医療だ
  • 汎学界コロナウイルス感染症-19対策委員会は、2020年2月22日。「コロナウイルス感染症-19コミュニティ拡散」比及び対応範囲学界コロナウイルス感染症-19対策委員会の対政府及び国民勧告
  • 市民健康研究所、2020.災害ガバナンスと民主公共性
  • 保健医療団体連合、人道主義実践医師協議会、研究コミュニティの健康と代わり、市民の健康研究所

 

〇韓国緑の党「コロナ19対応選挙対策本部の緊急告知」
http://www.kgreens.org/notice/%ec%bd%94%eb%a1%9c%eb%82%9819-%eb%8c%80%ec%9d%91-%ec%84%a0%ea%b1%b0%eb%8c%80%ec%b1%85%eb%b3%b8%eb%b6%80-%ea%b8%b4%ea%b8%89-%ea%b3%b5%ec%a7%80/

 

ページ先頭に戻る