ホーム > 世界のみどり > 世界のみどり 最新情報 > 【世界のみどり】ニュージーランド緑の党、画期的なDV被害者救援法を牽引

世界のみどり 最新情報

【世界のみどり】ニュージーランド緑の党、画期的なDV被害者救援法を牽引

2018/08/02
ロギーMP7月26日、ニュージーランドで画期的なDV(家庭内暴力)被害者救援法が成立しました。

DV被害者は、パートナーと別れて新居を探したり、自らや子どもを守るさまざまな事をするために、10日間の有給休暇をとることができる。というものです。

この法律の成立を牽引したのが、ニュージーランド緑の党の ヤン・ロギー(Jan Logie) 連邦議会議員です。


彼女は議員になる前に女性を保護する施設で働いた経験を持っています。その経験を活かし、7年がかりでこの法律成立にこぎつけました。

「わーい!!(WAHOO)」と喜びの声をあげ、この法律の意義と法律制定に関わった全ての人への感謝の思いを語るヤンさんの動画を下記フェイスブックで見ることができます

【参考】
■ニュージーランド緑の党 Facebook (動画)
https://www.facebook.com/nzgreenparty/videos/10155387157321372/
■FEMーNEWS 「DV被害者に有休10日間(ニュージーランド) 」
https://frihet.exblog.jp/29654521/
■The Gurdian "'A huge win': New Zealand brings in paid domestic violence leave "

ページ先頭に戻る