ホーム > 世界のみどり > 世界のみどり 最新情報 > 【世界のみどり】モンゴルでの国際会議 概要報告

世界のみどり 最新情報

【世界のみどり】モンゴルでの国際会議 概要報告

2015/08/20

会議風景

モンゴルでの国際会議 概要報告
緑の党グリーンズジャパン 共同代表 松本なみほ

2015年8月10日(月)~15日(土)、モンゴル緑の党(Mongolian Green Party)の主催により、「科学と実践、健康と安全な環境についての国際会議」が開催され、日本の緑の党グリーンズジャパンから3人が参加しました。

以下、会議の概要を報告いたします。

参加者は、モンゴル緑の党の役員、モンゴルの環境団体メンバー、ロシア連邦ヤブロック党緑のロシア派(2名)が参加しており、緑の党グリーンズジャパンからは共同代表松本なみほ、サポーター三原翠、安本綾乃の3人が参加しました。

モンゴル、日本、ロシアの緑の党の情況を共有し、モンゴル国内での環境問題の現状を共有することができました。石炭暖房によるウランバートル市の深刻な大気汚染や急速に進む国土の砂漠化、ウラン試験採掘による影響ではないかと環境団体から指摘されている家畜の死亡などの情況を知り、今後、各国緑の党で協力して取り組むべき課題が明らかになりました。

モンゴルのテレビ局2社によって会議の模様がニュースとして報じられ、松本なみほ、三原 翠がインタビューに答える場面も放映されました。
8/10の模様 http://u666u.info/nkH1 
8/14の模様 http://u666u.info/nkH6

最後に示す「国際会議アピール」にあるように、緑の党の国際的連携を強め、環境問題や社会問題の解決を目指していくことの重要性を痛感しました。

尚、会議の覚書として「会議メモランダム案」がモンゴル緑の党から提案されていますので、今後緑の党グリーンズジャパン運営委員会とモンゴル緑の党との間で調整をはかり、合意後あらためて報告させていただきます。


【スケジュール】
■8月9日(日)13:00松本なみほ、三原翠、ウランバートルに到着
ウランバートル市主催のフェスティバル見学
深夜:安本綾乃、ウランバートルに到着
・ウランバートル市内ホテルに宿泊

■8月10日(月)10:00~16:00 ウランバートル市内の会議場にて会議
・開会の挨拶(モンゴル緑の党党首ブン氏)
・モンゴル、日本、ロシアの緑の党の情況報告
 (日本からは松本なみほがプレゼン)
モンゴル緑の党…結成25周年、ドイツ緑の党とのR水素学習会を重ね、実践的な取り組みを追及している。
ロシア連邦ヤブロック党緑のロシア派…1993年グレゴリーヤブロンスキー氏が設立したヤブロック党(りんご党)内で、女性派、民主主義派、若手派、緑派に分担して活動している。緑のロシア派は環境教育に力を入れている。

・モンゴルの大気、土壌、水について各種環境団体からの情況報告
「ウランバートル市における深刻な大気汚染(冬の石炭暖房が原因)」
「急速な砂漠化(40年前は国土の30%だった砂漠が現在70%に拡大)」
「砂漠化による水資源の枯渇」などの情況が報告されました。

18:00~20:00ウェルカムパーティ夕食会(ウランバートル市内レストランにて)
・ウランバートル市内ホテルに宿泊

■8月11日(火)8:00~18:00 ドルノゴビ県にチャーターバスで移動
・モンゴル緑の党メンバー、環境団体メンバー、日本参加者総勢15名程度が参加
・ゲル(遊牧民の移動式住居)キャンプ場にて宿泊

■8月12日(水)ウラン試験採掘についての調査、視察
7:00~12:00 ワールドエナジーセンター、僧侶の修行場所、寺院参り
13:00-15:00 ドルノゴビ県 Zuunbayan村役場にて村長と対談     
15:00-17:00 仏アレバ社のウラン試験採掘事務所(調査作業員宿泊施設)訪問(モンゴル人カメラマン、松本なみほ、三原翠、日本語モンゴル語通訳の4名)
他メンバーはZuunbayan村の飲食店にて村民と懇談
・ゲルキャンプ場にて宿泊

■8月13日(木)9:30~17:00 ドルノゴビ県からウランバートル市内にバス移動
途中サンシャインダ市内のDanzan Ravjaa(サンシャインダ市民の英雄的存在の高僧)博物館見学
・ウランバートル市内ホテルに宿泊

■8月14日(金)10:00~13:00 ウランバートル市内の会議場にて会議
・福島第一原発事故・放射能基礎知識についてプレゼン(三原 翠)
・ドルノゴビ県でのウラン試験採掘についての調査、視察についてのふりかえり
・視察参加者各人の感想を共有
  午後:日本人参加者はテルジ(モンゴルの国立公園)に車移動
・テルジ国立公園にて巨石登り・寺院参拝
・テルジのゲルキャンプに宿泊
       
■8月15日(土)モンゴル緑の党メンバーによる国際大会アピール文案作成
 日本参加者はテルジにてフリータイム(トレッキング・ホーストレッキング)
・テルジのゲルキャンプに宿泊

■8月16日(日)11:30~14:30 テルジからウランバートル市に車移動
途中、チンギスハーンの巨像見学、併設されているチンギスハーン博物館を見学
15:00~16:00 モンゴル緑の党事務所にて国際大会アピール文(※)調整・合意会議
18:00~20:00 クロージング夕食会(ウランバートル市内レストランにて)
・ウランバートル市内ホテルに宿泊

■8月17日(月)午前:日本人参加者ウランバートルを出発し帰国の途に着く


(※)国際大会アピール
===========================

科学と実践、健康と安全な環境についての国際会議アピール

2015年8月15日
ウランバートル

モンゴル緑の党はグローバル・グリーンズの「東アジアの平和と安全保障」ワーキンググループをけん引し、2015年8月10日~16日にモンゴル・ウランバートルでの科学と実践、健康と安全な環境についての国際会議を主催した。
この国際会議において以下のアピールをすることとする。

1、健全な環境と健全な社会のために共闘する。
2、ウラン探査、採掘、利用における被害について連携して対抗する。
3、放射性廃棄物の投棄に反対する。
4、原発建設、稼働の全面的阻止に向けて共に闘う。
5、悪影響を生じさせる地球温暖化(気候変動)温室効果ガス排出削減にむけて共に立ち上がる。
6、大気、水、土壌汚染とその汚染を最小限に食い止めることについて現実的な行動を準備する。
7、アレバ社、三菱社がモンゴルで行っているウラン採掘について(情報を)公開させ、止めることについて共に闘う。
8、政治腐敗を一掃するため、自らの党運営においても、他の緑の党のように
民主主義と公正を追及する。

モンゴル緑の党
緑の党グリーンズジャパン
ロシア連邦ヤブロック党緑のロシア派

===========================(仮訳 2015年8月20日)
国際会議アピール word

ページ先頭に戻る