ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント

声明・見解・論説・時事コメント

基本理念や基本政策に基づき、政治的なテーマなどについてコメントを発表しています。            【声明】重要な政治的課題や事件についての対外的なアピール                           【見解】重要な政治的課題や事件についての立場や考え方                             【論説】解説的な要素も含めて課題について論じるもの                                【談話】即時性を重視し、個人または連名で明らかにする立場や考え方
【見解】特例公債法を政争の具にせず、ただちに地方交付税など必要予算の執行を

  特例公債法を政争の具にせず、ただちに地方交付税など必要予算の執行を     -必要なのは国・地方財政の健全化へ向けた徹底的な検証と熟議- 2012年11月9日 緑の党 運営委員会  地方交付税交付金や生活・福祉に関わ[・・・続きを読む]

【談話】破砕帯調査を受けて-大飯原発3・4号の即時運転停止を

  破砕帯調査を受けて-大飯原発3・4号の即時運転停止を 2012年11月9日 すぐろ奈緒  高坂 勝  長谷川羽衣子  中山 均  11月2日に行われた大飯原発の断層調査と4日と7日に行われた評価会合で、敷地内のF-6[・・・続きを読む]

【見解】政府と青森県は、危険な大間原発と六ヶ所再処理工場廃止の決断を

【見解】 政府と青森県は、危険な大間原発と六ヶ所再処理工場廃止の決断を 2012年10月30日 緑の党 運営委員会   中断されていた大間原発(青森県)の建設が再開されました。大間原発は完成すれば日本で初めて全炉心にMO[・・・続きを読む]

【総選挙・参院選へ】 市民発・緑の党が選択する 私たちの未来

  市民発・緑の党が選択する 私たちの未来 2012年10月26日 緑の党運営委員会  近い将来、遅くとも1年以内に総選挙と参院選が行われます。福島原発事故後初めての国政選挙であり、政権交代から3年以上を経ての国政選挙で[・・・続きを読む]

【論説】マネーをどれだけ注ぎ込んでも経済危機は解決できない~IMF・世銀総会を受けて

  マネーをどれだけ注ぎ込んでも経済危機は解決できない     ――新自由主義経済を主導してきたIMF・世銀体制こそ貧困と環境破壊の元凶 2012年10月22日 緑の党運営委員会  去る10月14日から19日、IMF・世[・・・続きを読む]

【賛同】大間原発の建設断念を強く求める

2012年10月1日に発表された「大間原発の建設断念を強く求めるアピール」に 緑の党Greens Japanとして賛同しました ==============================================[・・・続きを読む]

【談話】 法と民主主義を無視した原子力規制委員会の発足は無効です

【談話】 法と民主主義を無視した原子力規制委員会の発足は無効です 2012年9月20日 緑の党共同代表                   . すぐろ奈緒 高坂 勝 長谷川羽衣子 中山 均  野田佳彦首相は、昨日、世論と[・・・続きを読む]

【談話】原発ゼロは「2030年代」ではなく、今すぐに!

【談話】 原発ゼロは「2030年代」ではなく、今すぐに! 2012年9月15日  緑の党共同代表 長谷川羽衣子  9月14日、政府は「2030年代の原発稼働ゼロを可能にする」との目標を発表しました。広範な世論の圧力が政府[・・・続きを読む]

【声明】 政府はオスプレイ配置や更なる基地建設をやめよ

      【声明】 守るべきは美しい 海と森、そして平穏な市民生活        ―政府はオスプレイ配置や更なる基地建設をやめよ 2012年9月11日 緑の党運営委員会  「世界一危険な飛行場」と米国政府関係者さえ認め[・・・続きを読む]

【声明】経済産業大臣の「エネルギー・環境戦略」資料に騙されない

【声明】 経済産業大臣の「エネルギー・環境戦略」資料に騙されない       -必要なのは世論誘導ではなく、脱原発への具体的道筋- 2012年9月6日 緑の党運営委員会   「(原発ゼロで)光熱費3万円超」、「2010年[・・・続きを読む]

ページ先頭に戻る