ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント

声明・見解・論説・時事コメント

基本理念や基本政策に基づき、政治的なテーマなどについてコメントを発表しています。           【声明】重要な政治的課題や事件についての対外的なアピール                           【見解】重要な政治的課題や事件についての立場や考え方                             【論説】解説的な要素も含めて課題について論じるもの                                【談話】即時性を重視し、個人または連名で明らかにする立場や考え方
【談話】北朝鮮による核実験に強く抗議します

  【談話】北朝鮮による核実験に強く抗議します          ―北東アジア地域の真に実効的な平和構築の枠組みの実現を 2013年2月13日 緑の党 共同代表 中山 均  2月12日、北朝鮮は国際社会や「事実上の後ろ盾[・・・続きを読む]

【声明】安倍政権の原発推進は危険な斜陽産業への無駄な投資

【声明】安倍政権の原発推進は危険な斜陽産業への無駄な投資 持続可能で安全なエネルギー政策への転換を! 2013年2 月5日 緑の党 運営委員会 自民党が過去50年以上にわたって進めてきた原発推進政策は、東京電力福島第1原[・・・続きを読む]

【論説】アベノミクスは人びとの生活を破壊する

【論説】アベノミクスは人びとの生活を破壊する 2013年1月25日 緑の党 運営委員会 安倍政権は、アベノミクスと呼ばれるデフレ脱却・経済再生の政策を華々しく打ち出してきています。この政策は(1)公共事業(「機動的な財政[・・・続きを読む]

【談話】正当な市民活動への不当な逮捕に抗議します

【談話】 正当な市民活動への不当な逮捕に抗議します 2012年12月28日  共同代表 長谷川羽衣子  下地真樹准教授(阪南大学)らが12月9日に大阪府警よって不当に逮捕され、すでに3週間近くも勾留されています。12月2[・・・続きを読む]

【見解】総選挙結果を受けて-市民自身の手で政治を切り拓こう

【見解】総選挙結果を受けて-市民自身の手で政治を切り拓こう 2012年12月20日 緑の党運営委員会  第46回衆議院選挙は「自民圧勝」の形で終わりました。しかし、「圧勝」した自民党の比例獲得議席は、政権から転落した20[・・・続きを読む]

【声明】 脱原発を促進する総選挙へ

 今回の衆院選にあたり、緑の党は下記のような立場を声明として明らかにします。 全国には緑の党と連携する地域組織が活動しています。緑の党では、それぞれの地域組織が、この声明の方針に沿って、それぞれの地域において、個別の候補[・・・続きを読む]

【賛同】日本とインドの原子力協定に反対する署名

11月15日から18日まで行われるインドのマンモハン・シン首相来日に際してノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局によって、日本とインドの原子力協定に反対する署名への賛同が呼びかけられ、緑の党Greens Jap[・・・続きを読む]

【談話】市民不在の「政局」解散

  市民不在の「政局」解散 2012年11月16日 緑の党共同代表 すぐろ奈緒 高坂 勝 長谷川羽衣子 中山 均  自公民三党の「政局」と密室談合政治を経て、本日、野田首相によって衆院は解散されました。このタイミングでの[・・・続きを読む]

【見解】貸金業法の再改悪を許さない

  貸金業法の再改悪を許さない 2012年11月13日 緑の党 運営委員会   生活費を賄うために消費者金融からの借金を重ねた結果、高い金利の支払いによってますます生活が困窮、破綻してしまう多重債務問題は、長年にわたって[・・・続きを読む]

【見解】特例公債法を政争の具にせず、ただちに地方交付税など必要予算の執行を

  特例公債法を政争の具にせず、ただちに地方交付税など必要予算の執行を     -必要なのは国・地方財政の健全化へ向けた徹底的な検証と熟議- 2012年11月9日 緑の党 運営委員会  地方交付税交付金や生活・福祉に関わ[・・・続きを読む]

ページ先頭に戻る