ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】福島第一原発汚染水漏洩・流出事故 についての緊急国際署名

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】福島第一原発汚染水漏洩・流出事故 についての緊急国際署名

2013/10/29
グリーン・アクション、国際環境NGO FoE Japanなどによって「福島第一原発汚染水漏洩・流出事故についての緊急国際署名」が呼びかけられています。
https://fs223.formasp.jp/d576/form1/

「緑の党グリーンズジャパン」もこの国際署名に賛同し、様々な市民活動と連携しながら緑の社会ビジョン(http://greens.gr.jp/policy/vision/)の実現を目指していきます。

===================================
福島第一原発汚染水漏洩・流出事故についての緊急国際署名

原発再稼働・原発輸出どころではありません
命の源である海をこれ以上汚染しないで!

内閣総理大臣 安倍 晋三様
経済産業大臣 茂木 敏充様
原子力規制委員会委員長 田中 俊一様


1.汚染水漏洩・流出事故について、日本政府の責任を明らかにして集中して取り組み、原発再稼働及び原発輸出のための作業を中断すること。新規制基準では、汚染水流出は想定外であり、他の原発でも同様の事故は避けられないことから、原発再稼働のための審査は中断すること。

2.海の汚染を防ぐために最大限の努力をすること。タンクの汚染水について、 より強固で耐久性の高い方法で貯蔵し漏れを防ぐこと。意図的な放出は絶対に行わないこと。

3.原子力推進機関とは独立な立場にある国内外の専門家により、国際的な叡智を結集して対応にあたること。

4.透明性を確保し、経産省の汚染水処理対策委員会を含む全ての政府関連の会議を公開すること。凍土方式等の対策については、公開の場で早急に再検証を受けること。

5.「状況がコントロールできている」「汚染水の影響は、 原発の港湾の中で完全にブロックされている」という IOCの場での安倍首相の発言を撤回すること。

第二次集約 10月10日 第三次集約 10月31日

呼びかけ:グリーン・アクション/国際環境NGO FoE Japan/グリーンピース・ジャパン/おおい原発止めよう裁判の会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)/原子力規制を監視する市民の会/福島老朽原発を考える会(フクロウの会) ピースポート/NNAA(No Nukes Asia Actions)/ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン

===================================

ページ先頭に戻る