ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】不同意性交を犯罪に〜刑法性犯罪規定の改定に向けて

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】不同意性交を犯罪に〜刑法性犯罪規定の改定に向けて

2022/12/14

【賛同】不同意性交を犯罪に〜刑法性犯罪規定の改定に向けて

 

緑の党は、ヒューマンライツ・ナウ、WANなどの団体が法制審議会に提出する
「刑法性犯罪規定の改定に関する[試案]についての要望書」に賛同しました。

 

不同意性交処罰をはじめとする刑法性犯罪規定の改正が法制審議会に諮問されてから一年、法制審議会での議論が大詰めを迎えています。ところが、10月に公表された「試案」は、改正を求めてきた人々の期待に沿うものでも、被害者に寄り添う内容でもなく、国際的な不同意性交等罪導入の潮流から取り残された内容となっています。

同意のない性交・性行為を行ってはならない、これは人間の尊厳に根差す基本的な人権をなすものであり、この人権を十分に保障する刑法改正こそ行われるべきものです。

(呼びかけ文より)

 

要請書など詳細はこちら

ヒューマンライツ・ナウ
https://hrn.or.jp/news/22914/

ウィメンズ アクション ネットワーク
https://wan.or.jp/article/show/10336#gsc.tab=0

 

ページ先頭に戻る