ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【連帯】東京トランスマーチ2022に連帯メッセージ

声明・見解・論説・時事コメント

【連帯】東京トランスマーチ2022に連帯メッセージ

2022/11/02

緑の党は11月12日(土)に新宿中央公園水の広場で行われる「Tokyo Trans March 2022(東京トランスマーチ2022)」に向けて連帯メッセージを送りました。

■Tokyo Trans March 2022 https://tktransmarch.wp.xdomain.jp

 

<メッセージ>-----------------------------------------------------------------


Tokyo Trans March 2022開催に向けて

緑の党グリーンズジャパン協同代表
中山 均 松本なみほ 尾形慶子 橋本久雄


Tokyo Trans March 2022開催、おめでとうございます。
緑の党グリーンズジャパンは、結党から10年、「基本的人権を保障し、多様なあり方を認め合う」を基本政策に掲げ、実行してきました。
去る7月25日に公表された貴団体の「特定の宗教・宗派によるLGBTQ+への差別・排除に対する抗議声明」は、旧統一教会の自民党政治への影響が露呈している今、意義ある発信で共感します。
WHOはすでに1990年、同性愛・両性愛を精神疾患から削除していますが、今年1月には「性同一性『障害』」も「精神障害」の分類から除外しました。性の多様性はその人らしさそのものであり、疾患や障害ではないというあたり前の概念が国際的に確認されたことを、皆様をはじめ当事者たちの長い活動への敬意をこめて、ともに喜びたいと思います。

すべての人がその人らしく生きられる社会、柔軟に違いを認め尊重し合うことで生み出される新しい豊かさを育んでいきましょう。

マーチの成功をお祈りしています。

------------------------------------------------------------------------------

<参照>トランスジェンダーへの差別・排除に「NO」の意思表示を
2022年11月12日、「東京トランスマーチ2022」開催https://www.timeout.jp/tokyo/ja/news/tokyo-trans-march-2022-102022

 

ページ先頭に戻る