ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】「STOP大軍拡アクション」

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】「STOP大軍拡アクション」

2022/10/25

【賛同】「STOP大軍拡アクション」

 

緑の党は、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)などが立ち上げた

「STOP大軍拡アクション」に賛同しました。

 

<呼びかけ>


「専守防衛」を捨て去り、憲法9条を壊し、戦争を呼び込む大軍拡を止めるために


 岸田政権は、きたる12月中旬に新たな「国家安全保障戦略」等の3文書を
閣議決定しようとしています。その内容には、"専守防衛"を捨て去る

「敵基地攻撃能力」保有の公認、軍事費の5年での倍増、武器輸出の拡大、
琉球弧(南西諸島)の戦場化、軍事研究の本格化などが含まれる見込みであり、

戦後の安全保障政策、ひいては戦後憲法の歴史を画する重大な転換点を迎えつつあります。

 しかし、平和運動がそれにしっかりと向き合えているかといえば、
心もとないと言わざるを得ません。大きな盛り上がりを見せ、「国葬」強行に立ちはだかった市民のパワーに自信を持って、未曾有の大軍拡に対しても、
反対の声を上げていきましょう。全国各地で平和運動、護憲運動、反核運動に
取り組む皆さんには、閣議決定までの2ヶ月だけは、他の課題を脇に置いても、
憲法違反の大軍拡をもたらす「国家安全保障戦略」等の改定に反対の声を
上げてほしいと願います。

 このたび、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)が呼びかけて、
「STOP大軍拡アクション」という緩やかなネットワークを発足させました。
限られた期間ですが、院内集会や議員・政党・市民への働きかけなど、
できる限りの取り組みを行いたいと考えています。

 この大軍拡は、曲がりなりにも「平和国家」を標榜してきた<国のかたち>を
変えるものです。市民の「大軍拡反対」の声を可視化させ、立憲野党の国会議員を
巻き込んで、国会内外に反対の空気と具体的な動きを作っていきたいと思います。

 そこで、全国の皆さんにぜひ賛同団体になっていただくよう呼びかけます。
趣旨に賛同される団体は、以下まで、

【団体名、担当者名と連絡先(メールアドレス、電話番号)】をお知らせください。

もちろん、それぞれの地域、団体、個人での取り組みも呼びかけます。

どうぞよろしくお願いします。

※取り組みの際に賛同団体名をご紹介し、今後の企画などをご案内します。
※私たちは非暴力を原則として取り組みます。

◆団体賛同の連絡先↓
メール anti.arms.export@gmail.com
TEL 090-6185-4407(杉原)


【呼びかけ】
STOP大軍拡アクション
<参加団体>
島じまスタンディング、大軍拡と基地強化にNO!アクション2022、ヨコスカ平和船団、非核市民宣言運動・ヨコスカ、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)[10月16日現在]

詳しくは→https://kosugihara.exblog.jp/241618459/
twitter:https://twitter.com/STOPdaigunkaku

※関連:http://juyotochi-haian.org/2022/10/22/hearing_20221027/

政府担当者への市民と議員の共同ヒアリング
土地規制法 全面施行!~「区域指定」の中止を求める~
と き:10月27日(木) 11時半~13時 
ところ:参議院議員会館B107会議室(永田町)

オンライン視聴 https://youtu.be/I0JeAw8MAwg

ページ先頭に戻る