ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】私たちは農と食が国家主義・排外主義の枠内で語られることを拒否します

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】私たちは農と食が国家主義・排外主義の枠内で語られることを拒否します

2022/08/27

緑の党は、有機農業者の連名で呼びかけられた

声明「私たちは農と食が国家主義・排外主義の枠内で語られることを拒否します 」

に賛同しました。

 

7月の参議院選挙で、有機農業や食の安全を公約とする一方で、国家主義・排外主義の

色合いが濃い参政党が議席を得ました。これに対して、農と食の民主主義を旨として

活動してきた有機農業者が立ち上がったものです。

 

 

<引用>

 有機農業運動はこれまで一貫して国際交流を大事にし、海外の実践に学び、日本の

経験を分かち合いながらその思想や技術を発展させてきました。食の安全を求めて

運動している消費者生活者は、世界中誰もが安心して食べられる世界をめざしています。

国家主義・排外主義は私たちのこうした思いや実践と相いれません。

見出し画像

詳しくは→https://note.com/starvalley/n/n207f44f82da5

ページ先頭に戻る