ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【談話】安倍元首相銃撃死の報を受けて -言論の自由こそ平和と民主主義の根幹-

声明・見解・論説・時事コメント

【談話】安倍元首相銃撃死の報を受けて -言論の自由こそ平和と民主主義の根幹-

2022/07/09

【談話】安倍元首相銃撃死の報を受けて
-言論の自由こそ平和と民主主義の根幹-

2022年7月9日

緑の党グリーンズジャパン共同代表 
中山 均 松本なみほ   尾形慶子 橋本久雄  


 昨日、奈良市で参院選街宣中の安倍元首相が銃撃され、死亡するという事件が起こりました。安倍氏は私たちとは相いれない政治を展開した政治家でしたが、あらゆる暴力、とりわけ命を奪う行為に反対する立場から、私たちもこの犯行を非難し、その死を悼みます。

 事件の背景や真の動機はまだ十分明らかになっていませんが、今のところ被疑者は政治的動機を否定しており、現段階でこれを「政治テロ」とするのは早計です。しかしこの事件は、結果的にそれと同等の深刻で重大な影響を社会や政治に及ぼしつつあります。

 正当な非暴力の政治活動への規制や委縮も懸念され、実際、一部野党は政権批判を自粛しています。安倍氏の生前の「功績」や追悼の論調の中で、官僚の自死までもたらした強権・忖度政治や多くの疑惑、国会での虚偽答弁など、負の側面は半ば覆い隠され、公正・透明な場でそれらの説明責任を果たす機会も失われてしまいました。一方、SNSでは「犯人は在日」などとするヘイトデマが拡散され、これはヘイトクライム(差別を動機にした犯罪)も引き起こしかねません。
 事件の真の背景の解明を期待するとともに、今回の事件がもたらしうるこれらの事態や可能性を憂慮します。

 このような暴力に臆することなく、私たちの社会の最大の基盤が自由な言論を通じた民主主義にあることをあらためて確認し、残された今日一日、私たちは萎縮することなく政策議論に参画し、選挙活動を展開します。

 

PDFファイルは⇒ http://greens.gr.jp/uploads/2022/07/cf24150b3474dd3f7c0ba8b003a6493a.pdf

 

修正記録(2022.7.10)
「容疑者」を「被疑者」と修正しました。

ページ先頭に戻る