ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【談話】香港民主派への人権弾圧に抗議します -香港国家安全維持法の廃止を!

声明・見解・論説・時事コメント

【談話】香港民主派への人権弾圧に抗議します -香港国家安全維持法の廃止を!

2020/08/12

 

【談話】香港民主派への人権弾圧に抗議します
 -香港国家安全維持法の廃止を!

2020年8月12日

緑の党グリーンズジャパン共同代表
中山 均  尾形慶子
松本なみほ 橋本久雄

  8月10日、香港警察は、中国政府に批判的な香港メディアの創業者である黎智英氏や民主活動家の周庭氏など10名を逮捕しました。
  11-12日未明にかけて両氏は保釈されていますが、香港国安法による逮捕は、報道や言論の自由を否定するものであり、強く抗議します。政府への批判の声を強権と恣意的な解釈で圧殺する国安法は、中国政府も批准する国際人権規約に反するものです。
  人権や自由に国境はありません。人類が長年かけて獲得した権利を 「内政干渉」などという理由で否定することはできません。
  私たちは、普通選挙の実施や民主化を求め続けている香港市民に連帯し、その主張を支持します。そして、中国・香港政府に対し、ただちに弾圧をやめ、国安法を廃止し、すべての市民にあたりまえの自由や人権を保障するよう強く求めます。また、引き続き国際社会が中国・香港政府の強権政治に対し抗議の声を上げ続けるよう訴えます。

 PDFファイルは⇒http://greens.gr.jp/uploads/2020/08/danwa20200812.pdf

 

ページ先頭に戻る