ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】飯舘村 放射性物質汚染木材を燃やすバイオマス発電計画の撤回を求めます

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】飯舘村 放射性物質汚染木材を燃やすバイオマス発電計画の撤回を求めます

2020/07/01
  緑の党は、「放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会」などが呼びかけている
「飯舘村 放射性物質汚染木材を燃やすバイオマス発電計画の撤回を求める要請書」
に賛同しました。
 
  飯舘村は、来年3月に終了する蕨平における環境省の仮設焼却炉の跡地利用として、
木質バイオマス発電を計画していることを公表しました。⇒飯館村HP
村内国有林のほか、避難指示区域に滞留しているバーク(樹皮)や間伐材を有効利用
するとしています。
 
  これは放射能に汚染された森林を一挙に燃やして処分するための除染廃棄物の
焼却同然であり、20年もの間放射性物質を含む排ガスをまき散らす危険な事業と
なりかねません。
  飯舘村に対し計画撤回を求める要請を行いたいと思います。(呼びかけ文より)
 
 
詳しくは
http://gomif.blog.fc2.com/blog-entry-681.html
放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会

http://chikurin.org/wp/?p=5772
市民放射能監視センター(ちくりん舎)

ページ先頭に戻る