ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】核燃料サイクル政策の見直しと六ケ所再処理工場の稼働凍結を求め要請書

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】核燃料サイクル政策の見直しと六ケ所再処理工場の稼働凍結を求め要請書

2020/06/11
  緑の党は、「核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団」などの市民団体が共同で、経済産業大臣に提出する 「核燃料サイクル政策の見直しと六ヶ所再処理工場の稼働凍結を求める要請書」に賛同しました。

  5月13日、原子力規制委員会は、日本原燃が保有する六ヶ所再処理工場の新規制基準適合性審査の審査書案を了承しました。 六ヶ所再処理工場は稼働に向けて大きな難関をこえた格好です。

  しかし使用済み燃料を再処理して取り出したプルトニウムを再利用しようとする核燃料サイクル政策には数多くの問題があり、六ヶ所再処理工場の稼働はその問題を増幅させます。

核燃料サイクルの見直しと六ヶ所再処理工場の稼働凍結を求めます。
(呼びかけ文より)

詳しくは⇒http://greens.gr.jp/uploads/2020/06/sandou_20200611_kakunenryo.pdf
 

ページ先頭に戻る