ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【声明】気候変動対策に消極的なG20~脱原発・脱炭素で真に持続可能な社会・経済の…

声明・見解・論説・時事コメント

【声明】気候変動対策に消極的なG20~脱原発・脱炭素で真に持続可能な社会・経済の…

2019/06/26

Temporary translation

【声明】気候変動対策に消極的なG20
    脱原発・脱炭素で真に持続可能な社会・経済の実現を!

2019年6月26日
緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 6月28日、日本初のG20サミットが大阪で開催されます。
 G20各国は、世界全体の温室効果ガス排出の約80%を占めており、気候変動への取り組みにおいて決定的に重要な役割と責任を担っています。にもかかわらず、パリ協定の「気温上昇を1.5℃以内に抑える」という合意の実現に向けて十分な2030年までの温室効果ガス排出削減目標を掲げている国はありません。今回のサミットでは、温室効果ガス削減目標への政治的意思を示し、気候変動対策を前進させることが世界から期待されています。しかし、6月15、16日に長野県で行われた「環境・エネルギーに関する閣僚会合」では、パリ協定については「留意する」という表現に留まり、新たな削減目標も示されませんでした。
 テーマ設定のできる議長国であるにもかかわらず、サミット直前の6月11日に「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」を閣議決定し、原子力発電とCO2の最大の排出源である石炭火力発電の維持を掲げた日本政府の責任は重大です。
 原発という古い産業の既得権を守ることは、私たちの未来に必要なエネルギーシフトの妨げともなっています。気候変動対策も解決策の見えない技術に依存するべきではありません。G20各国は、速やかな原発廃止と、脱炭素社会実現のために「石炭火力全廃」方針を掲げ、化石燃料への融資に対する規制や炭素税などの導入と、再生可能エネルギー100%に移行する目標とロードマップを明確に示すべきです。

  いま、多くの国では再生可能エネルギーへの転換を市民が主導しています。また、気候変動対策を求める世界一斉デモを呼びかけ、世界中で累計300万人以上を動かしたのは、ひとりの高校生でした。世界的な課題を解決していくためには、政府や産業界だけのアイデアや取り組みでは限界があることを認識し、市民を主役として位置付けるべきです。
 緑の党は世界100以上の国や地域で気候変動問題を大きな柱として掲げて活動しています。欧州議会選挙では、気候変動問題が大きな関心を集め、緑の党の躍進につながりました。 このような世界の動きに反する安倍政権の気候変動問題への姿勢はあまりにも時代錯誤です。私たちは、「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」の撤回と、パリ協定の「気温上昇を1.5℃以内に抑える」という合意の実現に向けた目標の設定を求めます。

PDFファイルは➡http://greens.gr.jp/uploads/2019/06/seimei20190626.pdf

 


 

【Statement】
G20 must establish Climate Justice

only by Nonukes and Decarbonizing for the really sustainable world!

 

June 26, 2019
Greens Japan executive board

 

The first G20 Summit in Japan will be held in Osaka on June 28.

As G20 countries emit around 80% of global warming effect gas, they are responsible to lead for the achivement of climate justice.  However, so far no country among G20 has set a sufficient goal to suppress the rise in temperature to 1.5℃ by the end of 2030.  People in the world expect that G20 leaders show their political willingness of progressing climate justice by their ambitious targets.  Disappointing was the meeting of ministers of environment and energy held on June 15th and 16th in Nagano.  Saying they would just keep in mind of Paris Agreement, they didn’t show any new CO2 reducing targets.

Japanese government is to be blamed most as the chair country of the Summit because they endorsed on June 11th right before the meeting a “Long-term Strategy based on Paris Agreement” which contravenes Paris Agreement.  The Long-term Strategy prescribes a continuous use of the nuclear and coal-fired power generation, the most dirty sources of energy by resorting uncertain technologies to reduce CO2.

They try to protect the established interests, eventually they intervene a proper progress of energy shift necessary for the future.  We require G20 leaders to decommission nuclear reactors promptly, decarbonize by closing all coal-fired power plants, regulating investments to fossil-fueled industries and increasing carbon taxes.  We also require to clarify targets and a road map to move to renewable energy 100%.

 G20 leaders have to recognize that a big Green Wave has been ignited already.  A high school girl started a movement demanding adults to tackle for climate justice, and it has grown to which totally more than 3 million young people participated in.

 Green Parties who have been struggling for the climate justice in more than 100 countries and regions won historical victory in EU Parliament election thanks to the votes given by those who concern the climate issue most.

The Abe administration on the wrong side of the world movement is an outrageous anachronism.  We demand they drop their “Long-term Strategy based on Paris Agreement” and set real and feasible targets to maintain the Paris Agreement to “suppress the temperature rise to lower than 1.5℃”.

ページ先頭に戻る