ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【声明】日本国憲法施行から72年 -守るべきは9条や平和だけではなく、未来への希望

声明・見解・論説・時事コメント

【声明】日本国憲法施行から72年 -守るべきは9条や平和だけではなく、未来への希望

2019/05/03

【声明】日本国憲法施行から72年
-守るべきは9条や平和だけではなく、先人たちから受け継いだ未来への希望

2019年5月3日
緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 本日は、日本国憲法が施行されて72年目となります。  憲法は、先の世界大戦の悲惨な現実を前にして、不戦と平和、そして公正で民主的な社会の実現を誓い、その理念が結実されたものです。安倍首相はこの憲法の理念を否定し、「改憲に向け必ずや歴史的一歩を踏み出す」と宣言し、改憲への執念を重ねて明らかにしています。

 改憲議論の最大の焦点となっているのは、9条問題です。しかし今必要なのは、9条を変えることに限定した議論ではなく、憲法に託された先人たちの願いに向き合い、憲法の前文で謳う「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する」との確認に基づき、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのない」ようにし、「諸国民の公正と信義に信頼して安全と生存を保持」するとともに、「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において名誉ある地位を占め」るための努力です。

 脅かされているのは9条や平和だけではありません。憲法は、個人の尊厳、両性の平等、基本的人権、市民主権・民主主義、地方自治など、私たちが生きる上でのあらゆる基礎となる権利や自由を規定しています。ところが安倍政権は政治を私物化し、文書の改竄・隠蔽・捏造によって行政の公正性を崩壊させ、何度も示される沖縄の民意を無視して基地建設を強行し、原発事故被害者の生存権や人権を蹂躙し、批判の声を聞かずに強権的な政治運営を重ね、すでに憲法の理念をことごとく踏みにじっています。また、天皇の退位に伴う改元を「新しい時代」として演出し、これを政治利用しています。

 改憲の危険性が迫っているだけではなく、現実として進む憲法の危機が拡大する中で、社会の主権者である私たち市民の責任と役割はきわめて重要です。私たちが手にしている自由や権利を、憲法は「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利」(97条)とし(2005自民党改憲草案ではこの条項をまるまる削除)、さらに、これらの「自由及び権利」を、「国民の不断の努力によつて、保持しなければならない」(12条)としています。

 この「不断の努力」の一環として、本日も全国各地でさまざまな行動が取り組まれ、私たちもその一員として参加しています。私たちは、憲法が私たちに求める使命と歴史的責任をかけて、憲法がめざす社会-世界中の人々と平和な関係を構築し、すべての人々が尊厳をもって生まれ、その自由と権利が大切に守られ、人間らしく生きることのできる社会の実現に向け、安倍政権と自民党による憲法破壊に全力で対抗します。そしてそのために、この7月の参院選で、市民のみなさんや他の野党勢力との連携を強化し、安倍政権の打倒に向けて力を尽くします。

 PDFはこちら

 

ページ先頭に戻る