ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】すべてのゲノム編集食品に、表示を!安全性審査を!栽培規制を!

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】すべてのゲノム編集食品に、表示を!安全性審査を!栽培規制を!

2019/01/08

緑の党は、「遺伝子組み換え食品いらないキャンペーン」が厚生労働相など関係省庁へ提出する、
「すべてのゲノム編集作物の栽培を規制し、食品の安全審査を行い、表示を行うことを求める要請書」に賛同しました。
   
ゲノム編集を利用して遺伝子操作された作物の栽培の規制や食品として流通する場合の安全性審査、表示などについては現在、国の関係機関で検討が進められていますが、DNAを切断しただけ、あるいは操作した後に挿入した遺伝子を除去すれば環境影響評価も安全性審査もいらない、という野放しになるような議論が進行しています。このままでは表示もいらない
ということになりかねません。(HPより)

【要請事項】genome_syomei_youshi_kojin
1.ゲノム編集技術でつくられた作物・家畜・魚類等のすべてについて、環境影響評価を義務付けること
2.ゲノム編集技術でつくられた作物等のすべてについて、食品安全性審査を義務付けること
3.ゲノム編集技術でつくられた作物等及びこれを原料とする食品について、表示を義務付けること

*詳しくは→http://gmo-iranai.lolipop.jp/archives/2371/
遺伝子組み換え食品いらないキャンペーン

 

 

 

 

ページ先頭に戻る