ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】メガソーラー問題—「さらなるFIT法改正を求める要請書」等に賛同

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】メガソーラー問題—「さらなるFIT法改正を求める要請書」等に賛同

2019/01/03

緑の党は、「全国メガソーラー問題中央集会実行委員会」が提出する、
・経産省への「さらなるFIT法改正を求める要請書」
・環境省への「太陽光発電施設を環境影響評価の対象とする事に関する要請書」
に賛同しました。

さらなるFIT法改正を求める要請書太陽光発電施設を環境影響評価の対象とする事に関する要請書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月14日に東京・中野で全国シンポジウムが行われ、15日に提出と記者会見などが予定されています。

<要請趣旨・抜粋>
FIT法が制定されてから再生可能エネルギーに対する投資が加熱し、全国的にメガソーラー建設による大規模な森林伐採が問題となってきています。
また、各地で住民とのトラブルも増加しており、最近ではメディアも、自然環境・景観の破壊、土砂災害、ソーラーパネルの飛散、周辺住民の健康被害への危惧などを報道するようになってきました。(続く)…

*詳しくは→https://megasolarsympo.wixsite.com/-solar-sympo

 

<1/14(月・休)全国メガソーラー問題中央集会>‚P|‚SC³@‘S‘ƒƒK–â‘è’†‰›W‰ï•–Ê
https://www.facebook.com/events/363218624452868/

タイトル 全国メガソーラー問題中央集会
~自然と調和し、地域と共生する再生可能エネルギーを考える~
・開催日時
2019年1月14日(月) 午後1時~5時
   (1月15日(火)環境省と経産省に要請書提出)
・会場
 東京都中野区「なかのzero」大ホール
 https://www.facebook.com/events/363218624452868/

 

 

 

ページ先頭に戻る