ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【賛同】Don't Nuke the Climate -COP21 「原発なしの気候変動対策」を求める署名に賛同

声明・見解・論説・時事コメント

【賛同】Don’t Nuke the Climate -COP21 「原発なしの気候変動対策」を求める署名に賛同

2015/10/08

 11月末から12月半ばにパリで行われる、COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国
会議)に向けた取り組みとして、国際脱・反原発市民団体等が共同で行っている「原発なしの気候変動対策」を求める署名に、緑の党として団体賛同をしました。

以下、「原子力資料情報室」作成の日本語ページ
(http://www.cnic.jp/6603)より、署名の呼び掛け文転載。

■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■~■

           【団体署名・個人署名のお願い】
       
          Don't Nuke the Climate - COP21
    温暖化対策に原発を使わないで-COP21にむけて
           
 オランダの脱原発団体WISE (World Information Service on Energy)ほか7団体が
2015年12月にフランス・パリで開催予定のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国
会議)にむけて、”Don't Nuke the Climate(温暖化対策に原発を使わないで)”キャ
ンペーンを開始し、緑の党でも団体賛同をしました。

 先日、経営危機中のフランスの原発メーカー大手アレバ社の原発部門を事実上の国有
企業であるEDF(フランス電力)が買収することが決まりました。また原発セールスの
ための新しい企業を立ち上げることも計画されています。

 この買収はフランス政府が主導したものです。フランスは総発電量に占める原発比率
を現在の75%から50%に削減することとしています。国内での原発建設がそれほど見込
めない中、原発産業維持のためにフランスは、原発輸出攻勢をかけていくと見られます。
 世界の多くの原発メーカーも、自国内での原発新設がそれほど見込 めない中、海外へ
の原発輸出をすすめようとしています。その口実のひとつが「温暖化対策」です。今回
のCOP21でも、原発を温暖化対策に使おうとする動きがWorld Nuclear Assosiationなど
を中心にみられます。
 パリでおこなわれるCOP21では、温暖化対策に原発を利用させないよう、市民サイド
が大きく声を上げていく必要があります。
 ぜひ、この団体・個人署名にご協力ください。

◯キャンペーンウェブサイト:http://www.wiseinternational.org/campaign

◯声明文和訳:http://www.cnic.jp/6603

◯団体署名サイト:http://wiseinternational.org/campaign/petition

◯個人署名サイト:
http://org2.salsalabs.com/o/5502/p/dia/action3/common/public/?action_KEY=20658

 
※「STOP!地球温暖化 ~COOL EARTH キャンペーン~」のページはこちらをクリック↓↓COPEARTHtirasi

 

ページ先頭に戻る