ホーム > 政策 > 声明・見解・論説・時事コメント > 【談話】政治への不信を希望に変えよう―統一自治体選挙の結果を受けて

声明・見解・論説・時事コメント

【談話】政治への不信を希望に変えよう―統一自治体選挙の結果を受けて

2015/04/29

【談話】政治への不信を希望に変えよう―統一自治体選挙の結果を受けて

2015年4月29日
緑の党グリーンズジャパン共同代表
長谷川 平和   
長谷川 羽衣子  
松本 なみほ   
中山  均     .

 
 今回の統一自治体選挙で緑の党は「政治を市民の手に」というスローガンのもと、85名の候補者を公認・推薦・支持し、45名が当選を果たしました。低投票率の中、9割以上が当選した現職を中心に会員等の議員数は現状を維持し、また、「幅広い連携」にむけて推薦・支持した非会員の議員を含めて90名のネットワークを実現することができました。
 残念ながら議席を獲得できなかった自治体でも、選挙への取り組み自体が脱原発や議員特権廃止などの問題提起や意識喚起となるなど、意義ある挑戦だったと言えます。

 長期にわたる自民党政権下で募った、そして民主党への失望から来る政治不信は非常に根強く、国政・自治体選挙共に投票率は低下を続け、無投票の地域も増え続けています。市民が既存政党とは違う、新しい政治のあり方を求めていることは明らかです。

 緑の党は、まだ十分に既存政党の不信の受け皿とはなり得ていません。組織力の弱さも認めなければなりません。しかし、参議院選挙への挑戦、そして自治体選挙への挑戦を続けることで、確実に緑の党への関心は高まっています。今後も私たちは、市民やNGO・NPOなどと一緒に活動を行い、自らを鍛えながら、市民の政治的希望となることをめざしていきます。

PDFファイルはこちら

緑の党立候補者一覧
 <知事選、県議選、政令市議選> …選挙結果
  http://greens.gr.jp/senkyo/14540/

 <市区町村長選、市区町村議選> …選挙結果
  http://greens.gr.jp/senkyo/14593/

 

公式webサイト: http://greens.gr.jp/senkyo/13345/
特設サイト: http://www.greensjapan-senkyo.net/

 

ページ先頭に戻る