ホーム > メディア掲載 > プレスリリース > 【プレスリリース】【共同声明】「香港の抗議活動を支持します。香港は香港の人々のものです」を発表

プレスリリース

【プレスリリース】【共同声明】「香港の抗議活動を支持します。香港は香港の人々のものです」を発表

2019/06/18

報道各位
<プレスリリース>

       2019年6月18日
緑の党グリーンズジャパン 運営委員会

日頃より大変お世話になっております。

韓国緑の党、台湾緑の党、緑の党グリーンズジャパンは、昨日付で、

【韓台日グリーンズ共同声明】
「香港の抗議活動を支持します。香港は香港の人々のものです」

をまとめ、本日・先ほどHP等で発表しました。
ぜひご確認いただけますようよろしくお願いいたします。


*この【共同声明】は各国語で、以下のページでご覧いただけます。
http://greens.gr.jp/seimei/25830/


---------------------------

【共同声明】
韓国緑の党、台湾緑の党、緑の党グリーンズジャパンは、
香港の抗議活動を支持します。 香港は香港の人々のものです。
 

 6月9日、百万人以上の人々が香港の街頭に出て、香港政府の「逃亡犯条例」
改正案に反対しました。多くの人が口にしたのは、これらの改正案が香港の直接
民主主義と法の精神を脅かすのではないかということです。デモ参加者が手にす
る雨傘を見て思い出すのは、5年前の香港の雨傘運動です。デモは日に日に大き
くなりました。ついに、1997年の返還以降最大のデモとなりました。6月12日、
政府は、自由のために闘う平和的なデモ参加者を棍棒で殴るという暴力を行いま
した。79人の市民が負傷し、うち2人は重傷です。香港政府は、デモを「暴動」
と呼びました。中国は、外国勢力がデモを煽っていると批判しました。

 しかし、韓国緑の党、台湾緑の党、緑の党グリーンズジャパンは問います。「暴
動」とは何でしょう。「外国勢力」とは誰のことでしょう。今の香港の状況は、沖
縄、台湾、そして済州島を思い出させます。東アジアのこの3つの島は、同時期に
国家による暴力に脅かされています。

 第ニ次世界大戦中、沖縄は陰惨な戦場となりました。1945年、アジア太平洋の
戦争で差し迫った敗北に直面して、日本軍が沖縄住民に自決を迫るという悲劇が
ありました。住民が拒んでも、手りゅう弾を持って迫り殺されたのです。また、本
土の人がわからない沖縄のことばを話す地元住民を米軍スパイと疑い、軍が処刑す
るという事件もありました。沖縄戦により、10万人以上の住民、沖縄の人口の約3
分の1が戦死しました。

 第二次世界大戦が終わって、台湾は中国国民党が支配する中華民国の支配下
におかれました。 しかし、地元住民と中国本土からの入植者との間に亀裂が生ま
れ、争いの素になりました。1947年、立ち上がった地元市民を国民党政府が暴力
を持って鎮圧し、数千人が亡くなりました。これはニ・ニ八事件として知られてい
ます。警察と軍はマシンガンや大砲を使って蜂起した人たちを殺戮しました。約3
万人が死亡あるいは行方不明となりました。

 済州島の場合も似かよっています。1947年、警察に抗議して島民が立ち上がった
とき、警官は群衆に対して発砲したのです。韓国政府は島民らを共産主義の暴徒と
決めつけ殺害したのです。数万人の女性・男性・子ども達が軍と警察によって殺害
された四・三事件として知られています。現在においても、済州島に海軍基地を建
設しようという計画が島民の意思に反して進められており、すでに米軍の戦略基地
として使われています。

 これらの島は、国家による暴力と帝国主義によって踏みつけられています。これ
らの島は、本土の都合の良いように戦略的に使われ、不法に占拠され、利用されて
いるのです。島に住む人々の市民権は否定され、そのアイデンティティを強要され
ているのです。

 私たちは、国家の暴力と帝国主義による苦しみが — 済州島、沖縄、台湾での苦し
みが — 今日の香港でくり返されないことを願います。私たち、韓国緑の党、台湾緑
の党、緑の党グリーンズジャパンは、香港で立ち上がった人たちに寄り添って、香港
政府に「逃亡犯条例」改正案の撤回を要求します。

 私たちは、香港の市民権が民主主義と法の精神の下に守られることを望みます。
これは、東アジアにおける平和の道しるべとなるでしょう。

 香港はイギリスのものではありません。アメリカのものでも、中国のものでもあり
ません。 香港は、香港の人々のものです。

 

2019.06.17

緑の党グリーンズジャパン
韓国緑の党
台湾緑の党
韓国ヤンググリーンズ

----

以上。

ページ先頭に戻る