ホーム > メディア掲載 > プレスリリース > 【プレスリリース】【談話】「欧州議会選挙で緑の党が大躍進!-「希望は緑」-」を発表

プレスリリース

【プレスリリース】【談話】「欧州議会選挙で緑の党が大躍進!-「希望は緑」-」を発表

2019/05/29

報道各位
<プレスリリース>

            2019年5月29日
緑の党グリーンズジャパン 運営委員会

 

日頃より大変お世話になっております。
緑の党グリーンズジャパンでは本日・5月29日付で、

  【談話】「欧州議会選挙で緑の党が大躍進!―「希望は緑」―

をHP上で発表しました。
ぜひご確認いただけますようよろしくお願いいたします。

*この【談話】は以下のページでもご覧いただけます。
http://greens.gr.jp/seimei/25734/


---------------------------

【談話】欧州議会選挙で緑の党が大躍進!―「希望は緑」―

                                   2019年5月29日

                      緑の党グリーンズジャパン共同代表
                            長谷川羽衣子  中山  均
                            松本なみほ    橋本久雄

 5月27日、開票された欧州議会選挙において、緑の党は当初の予想を大き
く上回る69議席(9.18%)を獲得、第4党となりました。特に、EUの要とも
言えるドイツとフランスでは、それぞれ第2党(20.50%)、第3党(13.47%)
となるなど大きく躍進し、またEU離脱問題に揺れるイギリスでも11.10%を獲
得して第4党となりました。

 緑の党躍進の背景には、ヨーロッパを中心に世界へと広がった、気候変動対
策を求める運動があります。その先頭に立っているのは、10代、20代の若い
女性たちです。その象徴とも言えるのが、スウェーデンの高校生グレタ・トゥン
ベリさん(16歳)で、ダボス会議で気候変動問題を訴え、その呼びかけに触発
された大勢の若者が、今年3月15日に行われた気候変動対策を求める世界一斉
デモに参加しました。デモはイタリアで50万人、ドイツで30万人を集め、世界
中で150万人以上が参加したとされています。さらに5月24日の第2回デモには
日本を含む125カ国2350都市で約180万人が参加しています。

 気候変動対策を求める若者の運動が、結成当初から地球環境問題を大きな
柱として掲げ、取り組んできた緑の党の躍進につながったと考えられます。
事実、ドイツでは緑の党が30歳以下の圧倒的な支持を集め、このことが躍進の
原動力となりました。

 一方、これまでヨーロッパの多くの国で2大政党であった、保守党(中道右
派)と社会民主党(中道左派)は議席を減らしました。社会民主党の失速は、
各国で「第3の道」を掲げて新自由主義的な転換を行ったことへの、人々の失
望の現れと言えます。社会民主党が失った票の多くは、同じ左派に位置付けら
れる緑の党に移ったと推測され、これが緑の党躍進のもうひとつの背景と考え
られます。また、ヨーロッパを揺るがしている移民問題やEUへの姿勢について、
一貫して移民受け入れとEUの統合を進める姿勢を貫いたことも、緑の党の評価
につながったと考えられます。

 いずれにせよ、大きく票を伸ばすと予想されていた、移民排斥やEUに懐疑
的な姿勢を取る右派政党は微増に留まり、緑の党が大きく躍進した今回の欧州
議会選挙は、不寛容かつ一国主義的な政治勢力が台頭した近年の政治状況にお
いて、希望の持てる結果となりました。

 私たちも、欧州をはじめ世界の緑の党と連携し引き続き気候変動問題に取り
組むとともに、政治への希望を喚起できるよう緑の旗を掲げ続けます。


<参考>
欧州議会選挙HP
https://www.election-results.eu/united-kingdom/

欧州議会選挙で緑の党が躍進、貢献したのは若い女性たち
https://www.afpbb.com/articles/-/3227189

大衆迎合主義の失墜と残留派(自民党・緑の党)の躍進
https://euobserver.com/political/145006

欧州議会選、ポピュリスト政党伸び悩む-緑の党とリベラル派の伸び顕著
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-26/PS4QVL6JTSE801
----

以上。

ページ先頭に戻る