ホーム > 刊行物・映像 > メールマガジン・アーカイブ

メールマガジン・アーカイブ

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第128号 2017/9/16

平和学の父と呼ばれる、ヨハン・ガルトゥング氏、 数々の国際紛争を調停してきた彼はこう語ります 「もし米国が北朝鮮の望む協調路線に反対するならば、 日本と韓国が北朝鮮に働きかけてそれを実現させることも可能だ。 韓国だけでも[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第127号 2017/9/2

iPS細胞を研究していた教授がノーベル賞を受賞。オバマ、プーチン両氏が再び大国のリーダーとなり、日本では民主党政権が崩壊して安倍内閣が成立。東京スカイツリーが開業し、スマホが急速に普及し始めた。 …2012年のニュースを[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第126号 2017/8/18

72年前に終わった世界大戦から人類が学んだのは、戦争を止めることの難しさでした。そしてそれ以上に、戦争を止めることの必要性を私たちは学んだはずでした。 あれから72年後の現在、「自国ファースト」を掲げるリーダーどうしが、[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第125号 2017/8/4

安倍首相は 籠池夫妻の逮捕+内閣改造=支持率回復 とでも考えたのでしょうが、 この計算が間違っていることを証明することが 私たちの夏の宿題となりそうです。 ━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第124号 2017/7/21

環境省大臣は石炭火力発電所を計画している企業に対して「見識を疑う」と痛烈に批判しました。安い石炭で、健康被害のことを省みず、自社の利益を追求する姿は安いウランを使い、事故時の甚大な被害を省みずに、利益追求に向かう電力会社[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第123号 2017/7/7

東京都議選は、投票箱のふたを開けてみれば、現都知事への期待を表す票であふれました。 私たちを待ち受けるのは、はたして晴れ渡る青空なのか。それとも暗雲か。 七夕飾りに願い事を書いた短冊をつける子どもたち。この子らの未来を守[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第122号 2017/6/23

いよいよ今日から都議選が始まりました。自民党 VS 都民ファーストの対決では、どちらが勝っても食の安全や自然環境の保全は望めません東京都小金井市から、市民の声に耳を傾け、市民に寄り添った政治を行なえる都議の誕生を目指し、[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第121号 2017/6/9

緑のコスチュームをまとった自民党籍の都知事と、相変わらず旧態依然の自民党。この2つの勢力の争いが注目される東京都議選に、市民の声はどこまで反映されるのでしょうか。 不明瞭な豊洲移転も、不寛容なムードもひっくり返して、都政[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第120号 2017/5/26

帝国主義が第二次世界大戦によって終わったように、時代と時代の節目には「激動」が生じます原発の再稼働共謀罪の強行採決世界中で横行するテロリズム…心痛む出来事が続きますが、「緑」の時代を目指し、前進していきましょう━ 目 次[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第119号 2017/5/12

「人生七十、古来稀(まれ)なり」 唐の詩人・杜甫は、70歳まで長生きすることはまれなのだから、人生をしっかり楽しもう、と歌いました。 日本国憲法は今年「古希」です。不戦の誓いを刻み込んだこの憲法のもと、この国は70年を過[・・・続きを読む]

ページ先頭に戻る