ホーム > 刊行物・映像 > メールマガジン・アーカイブ

メールマガジン・アーカイブ

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第225号 2021/6/4

「LGBTは生物学上、種の保存に背く」という与党議員の発言。生物学者からも誤りであるとの批判が出ています。 仮に「種の保存に背く」という考え方が有り得るとしたら、それはどんなことでしょうか。 戦争は人類どうしの殺し合いな[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第224号 2021/5/23

なぜ日本の検査数は低いままなのか? なぜ医療崩壊しているのにオリンピックを中止しないのか? なぜ2回目の一律給付は行われないのか? この無策な政権によっていったい何人の命が奪われるのか? 疑問と怒りが沸き起こってきます [・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第223号 2021/5/7

くっきりとではないが、おぼろげに浮かんできたという、「46」という数字。今までが低すぎたぶん頑張ったように見せていますが、石炭火力も原発も捨てきれない、おぼろげな実現性です。 一方、施行「74」年を迎えた日本国憲法。国民[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第222号 2021/4/21

若者たちが日本政府の温室効果ガス削減目標(NDC) の引き上げを求め「緊急気候マーチ0422」を呼びかけています。 また「自治体議員による気候非常事態・共同宣言の会」は この若者たちの呼びかけを受けて、全国約40カ所(4[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第221号 2021/4/9

「復興五輪」「コロナに打ち勝った証としての五輪」 そんなドデカい看板が大きな音をたてて倒れ、むき出しの五輪ビジネスが姿を現しました。聖火リレーに群がる債権者たちが、報道の自由を踏みつけながら、鳴り物入りで走っています。 [・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第220号 2021/3/28

42年前の1979年3月28日、アメリカのスリーマイル島原発事故が起こりました。 1986年にはチェルノブイリ事故が起き、90年代には美浜原発、浜岡原発、 もんじゅナトリウム漏れ、東海村JCO臨界事故などが相次ぎました。[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第219号 2021/3/11

寺田寅彦の言い回しを借りれば――十年と云えばたいして長くも聞こえないが、日数にすれば三千六百五十三日である。 その間に朝日夕日は三千六百五十三回ずつ平和な浜辺の平均水準線に近い波打ちを照らすのである。 事故に懲りて、はじ[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第218号 2021/2/27

連日の激しい寒暖の変化は これまでの三寒四温と違うように感じます 私たちはすでに気候崩壊点(ティッピングポイント) を超えてしまっているのかもしれません しかし、超えていようといまいと、 やるべきことに変わりはありません[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第217号 2021/2/12

緑の党の会議は、まぁ長いです。 信念を持ったメンバーが集まり、活発に、濃密に議論が交わされます。 時には進行方法に苦労することもありますが、「参加民主主義」「熟議」を党是に、少数意見もできるだけ抑圧することの無いよう、努[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第216号 2021/1/31

国会で今だに「自助」を持ち出す日本の首相 気候危機とコロナ対策に向けて大統領令を続発するアメリカの大統領 初の新型コロナ感染死者が出たことを涙ぐみながら国民に発表し、 無料PCR検査とゲノム解析でゼロコロナを達成したニュ[・・・続きを読む]

ページ先頭に戻る