ホーム > 刊行物・映像 > メールマガジン・アーカイブ

メールマガジン・アーカイブ

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第120号 2017/5/26

帝国主義が第二次世界大戦によって終わったように、時代と時代の節目には「激動」が生じます原発の再稼働共謀罪の強行採決世界中で横行するテロリズム…心痛む出来事が続きますが、「緑」の時代を目指し、前進していきましょう━ 目 次[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第119号 2017/5/12

「人生七十、古来稀(まれ)なり」 唐の詩人・杜甫は、70歳まで長生きすることはまれなのだから、人生をしっかり楽しもう、と歌いました。 日本国憲法は今年「古希」です。不戦の誓いを刻み込んだこの憲法のもと、この国は70年を過[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第118号 2017/4/29

…世界を見まわしてください。グリーンな世界を望む人たちがこんなにたくさんいるんです。みんな 希望を持ちたいと思っています。みんな すごいアイディアを望んでいます。みんな 良いリーダーと働きたいのです。みんな 美しい地[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第117号 2017/4/14

――世界は憂慮すべき危険な傾向にあります。 グローバル・グリーンズ大会で発表された「リバプール宣言」は、こう切り出されています。 そんなリバプールの熱気も冷めやらぬなか、トランプ米大統領が下した「決断」によって、シリアの[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第116号 2017/3/30

大阪高裁による高浜原発の再稼働を認める決定広島地裁による伊方原発運転差し止め仮処分申請の却下3月末に迫る、自主避難者への住宅提供打ち切り日本は怒涛の年度末を迎えています今、イギリスのリバプールには続々と世界から緑の党の仲[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第115号 2017/3/17

「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ 以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」 かの有名な「教育勅語」には、いざというときの国民、いや臣民の、あるべき振る舞い方が記してあります。 誰かのために、私たちの命を捧げること。それを強要された悲[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第114号 2017/3/3

3.11から6年をむかえる3月、福島県からの自主避難者のなかには、住宅支援打ち切りという再びの棄民政策に人生を翻弄されている人がいます。3月30日からイギリス・リバプールで行われるグローバル・グリーンズ大会で、原発事故後[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第113号 2017/2/17

「アメリカ・ファースト」を実践する安倍首相。トランプ大統領からゴルフ接待の「おもてなし」を受け、すっかり上機嫌の様子です。 その代償は年金?それとも世界の分断の片棒を担ぐことですか? 彼らが壁を造るなら、私たちはその壁を[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第112号 2017/2/3

トランプ大統領による中東7か国からの入国制限措置に対し、なぜ安倍首相は毅然と「人道的に許されない」とコメントしないのでしょうか?難民受入をほとんどしていないから?原発事故による自主避難者への住宅支援を打ち切ろうとしている[・・・続きを読む]

【メルマガ】緑の党 グリーンズジャパン メールマガジン 第111号 2017/1/19

いよいよトランプ米大統領が就任します。 ポピュリズムと民主主義の違いは何か?2016年に出題された問いに対して、身をもって答えを示す2017年でありたいと思います。 誰かのせいにして終わるのではなく、その「誰か」を生み出[・・・続きを読む]

ページ先頭に戻る