ホーム > ストップ気候危機キャンペーン > 【お知らせ】オンライン特別セミナー:パリ協定の立役者に聞く 気候危機との闘い

ストップ気候危機キャンペーン

【お知らせ】オンライン特別セミナー:パリ協定の立役者に聞く 気候危機との闘い

2020/06/12
  気候危機とコロナ危機は、自然環境を破壊する人間活動が原因であるという共通の認識が広がっています。自然環境の破壊をかえりみずに利益最大化を追求する経済・社会のシステムは、もはや限界に達しています。自然と人間社会の持続可能性のためには、新しいシステムへの転換が求められています。
  求められている新しいシステムとは何か、「自然と共生するグリーン経済」「社会的連帯と生活保障の新しい形」「グローバリズムとローカリズム」「ヨーロッパ緑の党の主張」「新しい社会への羅針盤」などの多角的な視点から追求します。
  オンライン連続セミナー「気候危機とコロナ危機 新しいシステムを求めて」の最後はクリスティーナ・フィゲーレスさんへのインタビューです。問題意識の共有と活発な議論で、未来への希望をともにつくりあげましょう。
事前申込み制/定員500人
 Zoomウェビナー 90分
参加申込み  ➡ここをクリック
参加費無料
 ▶応援チケットA 1,000円
 ▶応援チケットB 2,000円
 ▶応援チケットC 3,000円

Peatixをご利用ください クレジットカード、コンビニ、ATM、PayPal、銀行で手数料0円でお支払いいただけます

 郵便振替口座
  00100-9-262967 緑の党
  「応援チケット/お名前/ご住所/TEL」明記

多くのみなさんに参加いただくため参加費無料としました。ぜひ応援チケットへのご協力をお願いします!!

 
特別セミナー 8/1(土)14:00~15:30
 パリ協定の立役者に聞く 気候危機との闘い ~コロナ危機から学ぶ教訓と日本への提言~
  
クリスティアナ・フィゲーレスさん

コスタリカの外交官。2010年7月に気候変動枠組条約の第4代事務局長に就任。任期中の2015年にはパリで開催されたCOP21においてパリ協定の合意を成し遂げた。コスタリカの軍隊を廃止したのは元大統領の父親

今年3月に「気候変動と闘うために、コロナウイルスから学ぶ5つの教訓」と題して発せられたフィゲーレスさんのメッセージのキーワードは「グローバル」「連帯」「トータリティ」「予防」「科学」の5つです。そして「不屈の楽観主義」「連帯」「行動」を訴えています。今回は日本に即した提言も! *インタビュー録画の上映
  
  

ページ先頭に戻る