ホーム > イベント・アクション情報と報告 > イベント・アクション情報と報告 > 【講演会】3.24 日米関係と日本の農業 鈴木宣弘さん

イベント・アクション情報と報告

【講演会】3.24 日米関係と日本の農業 鈴木宣弘さん

2018/03/22

2018CP_bana2018緑の党キャンペーンの企画です。
キャンペーン全体概要はこちら
★キャンペーンサイト★も更新中

 

suzukinobuhiro【講演会】 日米関係と日本の農業
      ~安心・安全な食と暮らしを守る方策~

■日時 3月24日(土)14:00~16:00  資料カンパ500円~1000円
■会場 東京大学農学部7号館B-231 交通アクセス 構内地図
■講師 鈴木宣弘さん
「今だけ金だけ自分だけ」と現代の資本主義を評したことで、一般的にはよく知られている。『悪夢の食卓』他、著書多数。 農林水産省を経て東京大学大学院農学生命科学研究科教授。 専門は農業経済学

 

 安倍政権のもとで、日本の新自由主義化が加速しています。 種子法の廃止もそのひとつで、県立農業試験場などの財政的基盤が廃止になり、民間の種苗会社に知識が移行することになります。 日本の食糧自給率は40%を切り、穀物や飼料のアメリカ依存が大きくなっています。 TPPは今後どうなるか、日米二国間協議で日本は何を約束したのか、日本の農業は、食の安全は?お話いただきます。

■講演内容
〇規制緩和・自由貿易の正体
〇TPPその後、日本の鴨葱外交
〇酪農・畜産はどうなる
〇「毒であると確定するまでは食べ続けろ」という科学主義
〇間違いなく病気が増え、命が縮む
〇亡国の種子法廃止
〇獣医学部問題だけではない
〇農協「改革」の真実と対応方向
〇希望:勇気を持って真実を伝える人々と市民の行動が事態を動かす

■連絡先・申込み
 midori2018[a]greens21.net(ラウンドアップNO!チーム/ワタナベ)  *[a]を@に変えてください
 もしくは、こちらから

 

ページ先頭に戻る