ホーム > 【イベント】5/22(木)市民派議員のサバイバル術 ~流氷の中を泳ぎ切れ!~

イベント・アクション情報と報告

【イベント】5/22(木)市民派議員のサバイバル術 ~流氷の中を泳ぎ切れ!~

2014/05/16

【イベント】市民派議員のサバイバル術 ~流氷の中を泳ぎ切れ~

 5月22日(木)18:30より、各地で活躍する自治体議員のみなさんを招いて、トークイベントを開催します。

数の力を背景に安倍政権の暴走が続いています。私たちにできること、いまやるべきことはなんなのでしょうか?

圧倒的に少数派の市民派議員として、地方議会のなかで孤軍奮闘しながら、市民とつながって大きな成果をあげられている議員さん、元議員さんたちに、市民派議員のたたかい方について語り尽くしていただきます。

oyogikire_tonbo_col

 パネリストのひとり、川崎市議の猪股美恵さんは、全会一致で可決された川崎市の市営地下鉄の計画を、後から反対の声をあげ、1対62の状況をひっくり返して計画を中止に追い込むなど、稀有な実績をあげてこられました。

  前大田区議奈須りえさんは、「広域がれき問題の終息に″奈須りえ″あり」と言われ、また国家戦略特区の危険性を最初に指摘したと言われています。

 千葉県佐倉市議、そして元千葉県議の大野博美さんは、市民ネットワーク千葉県の政策調査室長を務める傍ら「原発事故子ども・被災者支援法」推進自治体議員連盟の共同代表として全国400人の自治体議員とともに粘り強く政府交渉を続け、また福島原発震災情報センターの事務局長として被災者の生存権を守るための活動を続けられています。

聴き手はNAU事務局長の岡田哲扶さんと、ブロガーの座間宮ガレイさん。
議会の実態、議員さんの本音を引き出しつつ、これからの政治状況を変えていくために、私たち一人一人は何をしていけばいいのかを考えていきます。

チラシpdf版は こちら→ カラー版   白黒版 

○日時:5/22(木) 183021001800開場)

○場所:文京区民センター 3A会議室
○会費:800
○定員:100名程度
○主催:緑の党 統一地方選キャンペーンチーム
○申込・問合:
greens@greens.gr.jp  またはTEL:03-5364-9010 
        (参加人数把握のため、できるだけ事前に申し込みをお願いします) 

○プログラム
18:301920  リレートーク   実力派議員が語る、小政党、少数派議員のたたかい方
19:302010  パネルトーク   ミドリマンとがれいが突っ込む、地方議会ぶっちゃけトーク
20:202110  ワールドカフェ  直接聞いてみよう 議員になった後のあんなことこんなこと

○話し手
・大野ひろみ (千県 佐倉市議・元千葉県議 
・奈須りえ ( 東京都 前大田区議 )
・いのまた美恵 (神奈川県 川崎市議 )

 パネリストの方々からのメッセージです。

【もっと怒ろう! もっと話そう! もっと楽しもう!】20110525222338b5fs 大野ひろみさん
 「笑いながら怒る」ことを特技としている千葉県佐倉市議の大野博美です。千葉県議会議員を2期8年やったあと、佐倉市議に転身した変わり者です。
 福島原発事故をものともせず、原発を世界に売りつける安倍首相に怒っています。集団的自衛権の行使を仲間内で決め、日本を戦争のできる国へ作り変えよう としている安倍首相に怒っています。最近、いつも怒りっぱなしです。あなたは腹が立ちませんか? 原発も戦争も、若い人たちほど被害が大きいのに、爺さんやオッサンたちが決めてしまう不条理に、腹が立ちませんか?
 怒って、それを言葉にし、大勢と議論する。楽しいですよ。議員は「言葉」を武器に闘う平和的戦士です。今の日本に怒っているあなた、さあご一緒に!

 

奈須りえさんからのメッセージ。

奈須3「議員になる前の私は、投票した人が当選したかどうかさえ気にせず選挙に行けば義務は果たせたと信じる、その程度の有権者でした。それがどんなに無謀なこ とだったのか、議員になってみて猛反省しました。議員になったきっかけは、児童館の民間委託に事業者として応募したこと。大勢の区民の前でプレゼンテー ションしたのですが、その多くが民間委託に懐疑的だったということすら知りませんでした。それが今では新自由主義的なものにNOと声をあげている。気づい たら人は変わる。政治の現場で起きていることをきちんと市民に伝え、市民とともに行動することが変える第一歩だと思っています。気づいたあなただから出来 ることがあると思います。

 

いのまたさん (1)

【これから議員をめざそうというあなたへのメッセージ】猪股みえさん

私は24年間も川崎市議会議員をしていますが、「なんぼでもない」者でも議員は務まることを証明し続けています。「なんか変やな」と生活感覚で思えること が、議員の必要要件だと思います。自分に能力がなければ、能力のある人の力を借りればいいので、私は能力のあるたくさんの市民と運動でつながっていること が財産です。
ただ私が議員になって以来変わらないことは「一人の人権を守ることから政治は始まる」という思いです。

 

○聴き手
・岡田哲扶
 日本アーティスト有意識者会議事務局長
・座間宮ガレイ
 3年後政治状況をひっくり返すための100万人無料メルマガプロジェクト仕掛け人

 

 

ページ先頭に戻る