ホーム > お知らせ・他 > 【報告】9/23 フクシマを忘れない!さようなら原発全国大集会(亀戸公園)に参加しました

お知らせ・他

【報告】9/23 フクシマを忘れない!さようなら原発全国大集会(亀戸公園)に参加しました

2014/09/24


フクシマを忘れない!さようなら原発全国大集会(亀戸公園)に参加しました

緑の党グリーンズジャパン 共同代表 長谷川平和

923demo_b

 9月23日(日)亀戸中央公園(東京都江東区)で行われた「フクシマを忘れない!再稼働を許さない!さようなら原発全国集会(さようなら原発1000万人アクション主催)」に、緑の党グリーンズジャパンのメンバーも参加しました。デング熱発生の影響により、会場は代々木公園(渋谷区)から亀戸中央公園(江東区)に変更されましたが、約1万6000人(主催者発表)が集まり、錦糸町駅までの約2.8キロの道のりを行進しながら川内原発再稼働に対して抗議の声をあげました。

 

 去る9月10日(水)、原子力規制委員会は火山噴火の危険性や避難計画の不備が指摘される中、安全対策の新規制基準に九州電力川内原発が「適合」していると判断しました。これを受け、12日上田隆之資源エネルギー庁長官は鹿児島県伊藤祐一郎知事に対して小渕優子経済産業相名の文書を手渡し、各紙によれば、
「万が一事故が起きた場合には、政府は責任を持って対処する」ことが明記されていると報道されています。


923demo2-1

 その一方で、日本で稼働している原発が一基もない状態のまま1年以上が経過し、安倍政権のエネルギー基本計画で言及されたベースロード電源としての原子力発電の必要性に対して疑問が投げかけられています。民意に反して安倍政権が九州電力川内原発の再稼働に前のめりになり、市民が今一度立ち上がり、連携して原発の再稼働を阻止していく行動が問われる中、多くの市民がデモに参加しました。

 福島県からは、郡山市議会議員の蛇石郁子さん(緑の党運営委員)、ふくしまスクラム共同代表の佐々木慶子さん(緑の党地域代表協議会委員)らがバスツアー組(43名:電車組を除く)を率いてデモに参加しました。震災から3年半が経過しますが、東京オリンピックによる都内建設ブームの影響もあり福島原発はまだまだ収束に程遠い状態です。放射能汚染水も太平洋に放出され環境汚染は続いています。また住民意見は反映されず環境省主導の事業が様々進められ原発推進大手ゼネコンへの利権構造になっています。今回のバスツアーには若いメンバーも加わり、それぞれの思いを胸にデモ行進に参加しました。原発事故による避難者は今尚10万人以上います。10月26日は日本のエネルギー政策の命運を左右する福島県知事選挙が行われます。緑の党も、福島のメンバーとしっかりとスクラムを組みながらも取り組んでいきます。

923demo3-1

 

緑の党共同代表:長谷川平和

 

 

 

 

ページ先頭に戻る