ホーム > 刊行物・映像 > 関連書籍

関連書籍

【会員の書籍】『脱成長を豊かに生きる-ポスト3.11の社会運動』
syoseki_datsuseityou

 グローバルなシステムの歴史的危機と混沌のなかで、経済成長の神話と決別し、脱成長の豊かな社会を構想する。国境を越える民衆運動の同時代的課題を問い、閉塞した現代世界を変革する明日への航路をさぐる。 *緑の党会員の白川真澄さ[・・・続きを読む]

【関連書籍】月刊現代農業 2014年5月号

緑の党初代共同代表、髙坂 勝の『脱成長の店で酒を呑ませて脱TPP』が月刊現代農業、2014年5月号の「リレーエッセイ 意見異見」に掲載されました。似顔絵イラストも必見です。 本文をWEB上で読むことができます。 http[・・・続きを読む]

【関連書籍】減速して自由に生きる ─ ダウンシフターズ
減速して自由に生きる ダウンシフターズ

緑の党共同代表・髙坂勝の「減速して生きる-ダウンシフターズ」が文庫化されました。一章加筆&新装発売! 減速して自由に生きる ─ ダウンシフターズ 髙坂 勝 著 シリーズ:ちくま文庫定価:798円(税込)刊行日: 2014[・・・続きを読む]

【関連書籍】変貌する世界の緑の党─草の根民主主義の終焉か?
『変貌する世界の緑の党』表紙

 今や緑の党は世界的な存在となった。1980年前後、政治の表舞台に登場した時には、エコロジーの旗を掲げた小政党と受け止められていた。ところがその後、欧州各国では短期間に連立政権に参加し、今では世界90カ国で活動している。[・・・続きを読む]

【関連書籍】原発ゼロをあきらめないー反原発という生き方
genpatuzero

反原発を貫いてきた小出裕章さん、中嶌哲演さん、そして3・11以後に反原発に取り組み、「緑の党グリーンズジャパン」共同代表として2013参院選にも立候補した長谷川羽衣子に安冨歩氏がインタビュー。原発推進に突き進むなかで、私[・・・続きを読む]

【関連書籍】母親たちの脱被曝革命 ~家族を守る22の方法~
母親たちの脱被曝革命

放射能から子供を守るために… お母さんたちが「革命」を起こす! 脱原発デモ、雑誌創刊、選挙に出馬など…。震災以降、家族を放射能から守るために果敢に行動する普通のお母さんたちがいた。 今からでも間に合う、家族を守る22の方[・・・続きを読む]

【関連書籍】『人と環境にやさしい 緑の経済政策』~ドイツ緑の党綱領「未来は緑」抄訳~
hyoushi-urahyoushi

人と環境にやさしい社会を実現すること、それこそが「経済」である  ドイツ緑の党が現在のように躍進した要因のひとつは、市場経済を前提とした具体的かつ現実的な環境・経済政策を打ち出し、「経済に強い党」となったことにあります。[・・・続きを読む]

【関連書籍】脱原発のための平和学
脱原発の平和学

国際基督教大学平和研究所が主催した連続講座と記念シンポジウムを基に編集。3.11を契機とし、「核」のない平和な世界の創造へ向け、批判的かつ創造的に社会のあり方を提言。領域横断的な思考と対話を提示している。緑の党全国協議会[・・・続きを読む]

【関連書籍】原発依存国家
原発依存国家

全国協議会委員(運営委員)の足立力也も執筆を担当、この国-政府、自治体、財界、電力会社、それに連なる人々-がいかに欺瞞に満ちた原発/被曝政策を推し進めているかを暴き出した一冊です。帯文には2013参院選に緑の党からチャレ[・・・続きを読む]

【関連書籍】僕は満員電車で原爆を浴びた
ぼくは満員電車で原爆を浴びた

米澤鐡志さんは参院選に立候補した共同代表・長谷川ういこの後援会長を務めてくださいました。3.11東日本大震災での福島原発の事故と、ふるさとを追われた福島の人々を見て、広島を体験して生き残った自分の役割として、被曝体験の語[・・・続きを読む]

ページ先頭に戻る