ホーム > 刊行物・映像 > 関連書籍 > 【関連書籍】武器輸出大国ニッポンでいいのか

関連書籍

【関連書籍】武器輸出大国ニッポンでいいのか

2016/09/29

148bukiyusyutuメディアではあまり報道されない、安倍政権下で急速に進む「死の商人国家」「学問の軍事利用」。このままでは、学問の自由が脅かされる、日本は武器輸出大国になる、テロの最高ランクの標的になる。危険な実態を告発し、警鐘を鳴らす渾身の集団労作。(※あけび書房HPより)
緑の党運営委員で東京都本部共同代表の杉原浩司も執筆しています。

 

■著:池内了(名古屋大学・総合研究大学院大学名誉教授)
   古賀茂明(元経済産業省官僚)
   杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク=NAJAT代表)
   望月衣塑子(東京新聞社会部記者)
■出版社:あけび書房
■定価:本体・1500円+税
■刊行日:2016年9月23日
■四六判192頁

*購入お申し込みは、あけび書房⇒http://www.akebi.co.jp/
他よりお申し込みください。

 

 

ページ先頭に戻る