ホーム > 刊行物・映像 > 関連書籍 > 【関連書籍】資料集 市民と自治体による放射能測定と学校給食~チェルノブイリ30年と…

関連書籍

【関連書籍】資料集 市民と自治体による放射能測定と学校給食~チェルノブイリ30年と…

2016/07/28

資料集 市民と自治体による放射能測定と学校給食
   チェルノブイリ30年・フクシマ5年の小金井市民の記録

gakko_kyuusyokuチェルノブイリ原発事故から25年間、食品の放射能汚染に向きあい対策を講じてきた市民と自治体がある。放射能測定室の設置や学校給食改善を実現してきた 小金井市民と小金井市の取り組みを伝える機関紙・資料を編纂収録。保護者・教職員・研究者・自治体が放射能汚染問題に今後どのように取り組むべきかを示す 貴重な資料集。(明石書店HP紹介より)

 

著:大森 直樹 監 / 東京学芸大学教育実践アーカイブスプロジェクト 編 
出版社:明石書店
定価:本体・3000円+税
刊行日:2016年7月30日
B5判336頁

(*小金井放射能汚染測定器運営連絡協議会HP
http://hosyanousokuteishitsu-koganei.jimdo.com/ 

*購入お申し込みは、明石書店HP⇒http://www.akashi.co.jp/book/b243313.html
他よりお申し込みください。

(※緑の党に在庫は有りません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭に戻る