ホーム > アイヌ語 > 緑の社会ビジョン(各論)

アイヌ語

緑の社会ビジョン(各論)

2013/07/02

日本語ページはこちら

シクヌップ ヘネ オヤクオヤクイ チャラパップ コンナ シクヌアン アエアイカップ!“ウサ ウサ コタン オルン アカラ ワ アウテック” ウルオカタメカレ イメル ヘネ マウ アニ オカアン
Siknup hene oyak-oyak-i carpap konna siknu-an a-eaykap!“usa usa kotan or un a-kar wa a-utek” uruokata-mekare imeru hene maw ani oka-an
(いのちと放射能は共存できない!“地産・地消”の再生エネルギーで暮らす)

イクリパンテク キロロ イメルカラウシ イサム ウタラ オッタ アヤイエサンニヨ。オヤクオヤクイ チャラパップ アニ アイチャッケレ モシリ ヘネ アトゥイ アサピキリ オッタ アテケヘオマレ アエアイカップ。エピッタ イクリパンテク キロロ タネ アイサムカ。
イラム ノ、ウフイワッカ オッタ エピッタ アオトゥワシ オカプ オロ ワ アシン アン。アイヌモシリ、シサムモシリ、“イコロ イサム モシリ” ソモ ルウェ ネ。トカプチュプ、レラ、ワッカ、ニタイ イサ チカシヌカラ ワ ウサ オカ シリイコロ アシクヌレ イメル ヘネ マウ アセプレ ワ、ウサ ウサ コタン オルン アカラ ワ アウエテクペ アヤイエサンニヨ。イメル ヘネ マウ アウテクノチ アラムユプコサヌ ワ アニンレ ワ、ウルオカタメカレ イメル ヘネ マウ アニ エピッタ イメル ヘネ マウ アカラ ウタラ オッタ アヤイエサンニヨ。
i-kuri-pan-tek kiror imeru-kar-usi isam utar or ta a-yay-e-sanniyo. Oyak-oyak-i carpap ani a-icakkere mosir  hene atuy a-sapikiri or ta a-tekehe-omare a-eaykap. Epitta i-kuri-pan-tek kiror tane a-isamka.
 Iram no, uhuy-wakka or ta epitta a-otuwasi okap or wa asin-an. Ainu-mosir, sisam-mosir, “ikor isam mosir” somo ruwe ne. Tokap-cup, rera, wakka, nitay usa ci=kasi-nukar wa usa oka siri-ikor a-siknure imeru hene maw a-sepre wa, usa usa kotan or un a-kar wa a-utekpe a-yay-e-sanniyo. Imeru hene maw a-utek noci a-ramu-yup-kosanu wa a-ninre wa, uruokata-mekare imeru hene maw ani epitta imeru hene maw a-kar utar or ta a-yay-e-sanniyo.

(原発のない社会を実現します。放射能に汚染された大地や海を次世代に手渡すことはできません。すべての原発を直ちに廃炉にします。同時に、石油に全面的に依存した暮らし方から脱け出します。「日本は資源のない国」ではありません。太陽・風・水・森林などの豊かで多様な自然資源を生かしたエネルギーを開発・普及させ、基本的に地域で“地産・地消”(自給)することをめざします。エネルギー消費量を思い切って減らしながら、再生可能な自然エネルギー100%の社会に転換します。)


◆◆◆


タ ノチウ ウルオカタ メカレップ ヘネ ウサ オカ オルン オカプ カンナスイ アアヌ
Ta nociw uruokata-mekarep hene usa oka or un okap kanna-suy a-anu
(自然の循環と多様性のなかに暮らしを置きなおす)

シリ アイヌ チョロポク タ アアヌ タ アシクネ ホッネ パ プリ オロ ワ アラムユプコサム ワ アヤイカキク ワ アヤイエサンニヨ。
コロ ルスイペ オケレイサムノ アピセネレ ワ タ ノチウ エソイネ イサム コロ ポロ アウテク オカプ オロ ワ アシン アン。クルマ イサ ノチウ ポプケレマウェ ポロンノ エトゥクカ ワ シリシンナレ ペ アトゥクペ ヘネ アカラペ アラムユプコサヌ ワ アニンレ。
シリ アイヌチョロポク タ アアヌ モン アホントモトゥイェ。タ ノチウ ウルオカタメカレプ ヘネ シクヌプ ウサ オカ アエプンキネ ワ、イ アシクヌレワ シルワンテプ カンアスイ パ モン アイキプ・
シクヌプ ヘネ アイヌ ニサシヌプ オッタ パセ ウェン コララ セコロ アシトマ アシリカラペ、“ヤイトゥパレイレンカ” アニ アコアパアシ。
Siri aynu-corpok ta a-anu ta asikne hotne pa puri or wa  a-ramu-yup-kosanu wa a-yay-kakik wa a-yay-e-sanniyo.
Kor rusuype okere-isamno a-pisenere wa ta nociw esoyne isam kor poro a-utek okap or wa asin-an. Kuruma isa nociw-popkere-mawe poronno etuk-ka wa sir-sinnare pe a-utuk-pe hene a-kar-pe a-ramu-yup-kosanu wa a-ninre.
 Siri aynu-corpok ta a-anu mon a-hontomo-tuye. Ta nocuw uruokata-mekarep hene siknup usa oka a-e-punkine wa, i a-siknure-wa siru-wantep kanna-suy pa mon a-ikip.
 Siknup hene aynu nisasnup or ta pase wen korar sekor a-sitoma asir-karpe, “yaitupare-irenka ”ani a-ko-apa-asi.

(自然を征服と操作の対象としてきた近代の文明的枠組みからの大転換をめざします。
欲望を無限に膨らませ便利さを追い求めて限りある資源を大量に消費する暮らし方から脱け出します。クルマをはじめ温室効果ガスを大量に排出し気候変動を促進するモノの使用と生産を思い切って減らします。
自然征服型の事業は中止します。自然生態系の循環と生物多様性を保全し、これを生かした風景を取り戻す事業を進めます。
生態系と人間の健康に取り返しのつかない害を与える可能性のある科学技術は、「予防原則」に立って封印します。)


◆◆◆


アウエトゥシマクペ オロ ワ アウエコホッパ ワ、ラッチタラプ ポンペ ハウケプ アニ チカシヌカラ ノ シクヌ
a-u-e-tusmakpe or wa a- u-e-ko-hoppa wa, ratcitarap pon-pe hawkep ani ci=kas-nukar no a-siknu
(競争とサヨナラし、スロー・スモール・シンプルで豊かに生きる)

ネプキプヘネペウテクペ ヘネ オカプ ラッチタラ アイキワ、イチェン(GDP)パテク アニ アピシキ アエアイカプ チカシヌカラ アキシマ。アウエトゥシマクペ アニ ヌチム アシヌプ パテク アケシアンパ ワ ラカ アピシネレ ネプキプヘネペウテクペ オロ ワ、アウコウサライェプ ヘネ アウテク ルイルイパプ アニ アアイヌコロ オカプ アエアシカイ ネプキプヘネペウテクペ オッタ アシンナレ。
カシノ シプイネノ アネプキ、カシノ シプイネノ アウテク、ヘネ カシノ チカシヌカラノ アイキ ウタラ オッタ アヤイエサンニヨ。ネプキ ネイケ アラムユプコサヌ ワ アニンレ ワ モン アウコウサライェプ ワ モンイサムペ アニンレ ワ、ヤイピタプ ネイケ アラムユプコサヌ ワ アポロレ。ネプキプ カ アシンナレワ、アアイヌコロ ネプキプ ヘネ ウサイケ ウサイケ ネプキプ オッタ ヤイエサンニヨ。
ウルオカタメカレ イメル ヘネ マウ、タペ、ウタラ カシ オイキプ、ハルチャラパ、パシクマプ オロ タム オン ヘネ イチェンウテクペ アポロレ。ペ、ネプキプ、ヘネ イチェン コタン オルン シカナヌアッキ ワ、モン ウシ アカラ コタンコタン ネプキプヘネペウテク アヤイエサンニヨ。“シリ シクヌプ ウアリ”セコロ イレンカ オルン タペ カンナスイ アパ。
アトゥイ オイカ イチェン ピセネプ ヘネ アプトルイヤンペ アテイェ ワ、エラムイクルクル カンナモシリ ネプキプヘネペウテクペ オロ ワ アオカプ アエプンキネ。
nepkip-hene-pe-utek-pe hene okap ratcitara a-iki wa, icen(GDP) patek ani a-piski a-eaykap ci=kas-nukar a-kisma. a-u-e-tusmakpe ani nucim-asnup patek a-kes-anpa wa raka a-pisnere nepkip-hene-pe-utek-pe or wa, a-u-ko-usarayep hene a-u-tek ruyruypap ani a-aynu-kor okap a-e-askay nepkip-hene-pe-utek-pe or ta a-sinnare.
 Kas-no sipuyneno a-nepki, kas-no sipuyneno a-utek, hene kas-no ci=kas-nukarno a-iki utar or ta a-yay-e-sanniyo. Nepki neyke a-ramu-yup-kosanu wa a-ninre wa mon a-u-ko-usarayep wa mon-isampe a-ninre wa, yay-pitap neyke a-ramu-yup-kosanu wa a-porore. Nepkip ka a-sinnare wa, a-aynu-kor nepkip hene u-sayke u-sayke nepkip or ta yay-e-sanniyo.
 uruokata-mekare imeru hene maw, tape, utar kasi o-ikip, haru-carpa, paskumap or tam on hene icen-utekpe a-porore. Pe, nepkip, hene icen kotan or un si-ka-nanu-atki wa, mon usi a-kar kotan-kotan nepkip-hene-pe-utek a-yay-e- sanniyo. “siri siknup u-ari” sekor irenka or un tape kanna-suy a-pa.
 Atuy o-ika icen pisenep hene apto-ruy-yan-pe a-teye wa, e-ram-ikurkur kanna-mosir nepkip-hene-pe-utek-pe or wa a-okap a-e-punkine.

(経済と暮らし方をスローダウンし、おカネ(GDP)だけでは計れない豊かさや富を手に入れます。弱肉強食の競争によって効率性だけを追求し利益を最大化する経済から、分かち合いと協力・連帯によって人間らしい生活を営める経済に転換します。
より少なく働き、より少なく消費し、より豊かに生きる社会に向かいます。労働時間を大幅に短縮し、仕事を分かち合って失業を減らすと同時に、自由に使える時間を飛躍的に増やします。働き方も変え、尊厳ある働き方と多様な働き方を実現します。
再生可能エネルギー、農業、介護・医療・教育の分野で仕事と投資を増やします。モノとサービスと資金が地域内で循環し、働く場が創られるローカルな経済が主役となります。「土はいのちの源」という原点に立つ農業を再生します。
国境を越えるマネーの膨脹と暴走を規制し、不安定さを増すグローバル経済によって暮らしが脅かされることを防ぎます。)


◆◆◆


ウコウイナプ ヘネ クイペ ルスイペ アイサムカ ワ ウコウサライェプ オッタ ヤイエサンニヨ
u-ko-uynap hene ku-ipe rusuype a-isamka wa u-ko-usarayep or ta yay-e-sanniyo
(格差と貧困をなくし、分かち合いを実現する)

エピッタ アイヌ、エラムイクルクルペ、ラムチュプテクペ、ヘネ クイペ ルスイペ オロ ワ アシンアン ワ、シコタクアン アエアシカイ ペ アエヤムペ ルウェ ネ。ペウレ アイヌ ヘネ ウタラ オルン ペワン アイヌ オッタ ヤイエサラマ パテク ソモ アオプトゥイェ ワ、 モシリ ヘネ コタン アニ アンパプ アポロレ ワ、ウタラ アニ アウコララ アニサシヌレ。
エピッタ アイヌ クス アアイヌコロ オカプ アエアシカイレ クス、“ベーシック インカム” オッタ ヤイエサンニヨ。エピッタ アイヌ クス ネイタ ネ ヤッカ ハルチャラパ、ヘネ ヘカッタラ イレシペ オッタ アンパプ アペカップ アエアシカイレプ ヤイエサンニヨ。ヘカッタラ パシクマップ ヘネ チセ ウサ カ モシリ/コタン ネ アコララ。
オウペカ ウタラ クス イチェン アニ イコロ カンナ アウサライェ ワ、ウコシウトゥルウイルケップ アイサムカ。
Epitta aynu,  e-ram-ikurkurpe, ramu-cup-tekpe, hene ku-ipe rusuype or wa asin-an wa, si-ko-tak-an a-e-askay pe a=eyam-pe ruwe ne. pewre aynu hene utar or un pewan aynu or ta  “yay-esarama” patek somo a-oputuye wa, mosir hene kotan ani anpap a-porore wa, utar ani a-u-korar a-nisasnure.
Epitta aynu kusu a-aynu-kor okap a-e-askayre kusu, ”basic income ”or ta yay-e-sanniyo. Epitta aynu kusu neyta ne yakka haru-carpa hene hekattar i-respe or ta anpap a-pekap a-e-askayrep yay-e-sanniyo. Hekattar paskumap hene cise usa ka mosir/kotan ne a-korar.
Owpeka utar-kusu-icen ani ikor kanna a-usaraye wa, u-ko-si-utur-uirukep a-isamka.

(誰もが不安と孤立と貧困から脱け出し、自分の「居場所」を見つけられることが重要です。若者や社会的弱者に「自己責任」を押しつけず、政府や地方自治体による公的支援を拡充すると同時に、市民やコミュニティによる助け合いを活発にします。
 すべての人に人間らしい生活を営める生存権を保障するために、ベーシックインカムの導入をめざします。誰もがいつでもどこでも安心して医療・子育て支援を受けられるようにします。 子どもの教育や住まいなども公共サービスとして提供します。
 公正な税制によって所得の再分配を行ない、格差をなくします。)


◆◆◆


メノコ オッカヨ ウコシウトゥルウイルケ イサム ウパクノ ウネノ アアイヌコロ ウタラ オッタ
Menoko-okkayo u-ko-si-utur-uiruke isam u-pak-no u-neno a-aynu-kor utar or ta
(性による差別・抑圧のない平等な社会へ)

メノコ オルン ウコシウトゥルウイルケ アイサムカ ワ メノコ イキ サウレ ヒ、イ ウタラ オルン エピッタ アイヌ イキ サウレ ヒ クス パセ オアシ。アオカ、メノコ オッカヨ オルン ヤクオヤプ オロ ワ アヤイピタ ワ、ウサ ウサ アイヌ アニ ウタラ オッタ アヤイエサンニヨ。エピッタ アイヌ メノコオッカヨオヤプ オロ ワ アヤイピタ ワ、 イ アイヌ ネ イキ エアシカイペ オッタ ヤイエサンニヨ。  
Menoko or un u-ko-si-utur-uiruke a-isamka wa menoko iki sawre hi, i utar or un epitta aynu iki sawre hi kusu pase oasi. Aoka, menoko-okkayo or un yaku-oyap or wa a-yay -pita wa, usa usa aynu ani utar or ta a-yay-e-sanniyo. Epitta aynu menoko-okkayo -oyap or wa a-yay-pita wa, i aynu ne iki e-askaype or ta yay-e-sanniyo.

(女性への差別をなくし女性が生きやすくなることは、その社会が誰にとっても自由で生きやすい社会に変わるためになくてはならない重要な一歩です。私たちは、性別役割分業から解放され、個人を単位とする社会を実現します。すべての人が性別にとらわれず、「自分らしく」生きられることをめざします。)


◆◆◆


ヘカッタラ ヘネ サピキリ アスクプレ
Hekattar hene sapikiri a-sukupre
(子どもと未来を育む)

サスイシリ オルン オカ ヘカッタラ、フナクン アン ヤッカ フンナ オロ ワ アスクプレ ヤッカ、アンペ、スクプレプ、パシクマプ、ハルチャラパ ウサ アエプンキネ。ヘカッタラ、サピキリ パテク ソモ ルウェ “チセ”、スクプレ チセ、パシクマ チセ、ヘネ コタン オルン アスクプ。“ヘカッタラ ウエヨクプリ モシリ ウトゥラ イレンカ” オルン “イ アイヌ ネ イキ ウエヨクプリ” “イレンカ イポロセ ウエヨクプリ” オッタ ヤイエサンニヨ。
  Sasuy-sir or un oka hekattar, hunak un an yakka hunna or wa a-sukupre yakka, anpe, sukuprep, paskumap, haru-carpa usa a-e-punkine. hekattar, sapikiri patek somo ruwe “cise”, sukupre cise, paskuma cise, hene kotan or un a-sukup. “hekattar u-eyok-puri  mosir u-tura irenka” or un “i aynu ne iki u-eyok-puri” “irenka i-porse u-eyok-puri” or ta yay-e-sanniyo.

(未来の主人公である子どもたちは、どこで生まれて誰に育てられても、誕生・保育・教育・医療などの基本的な環境を保障されます。子どもは、血縁の家族だけではない「家庭」、保育所や学校、地域コミュニティのなかで育ちます。「子どもの権利条約」に謳われている「自分らしく生きる権利」「意見表明権」を実現します。)


◆◆◆


ウサイケ ウサイケ オカプ アウコラムオシマ
U-sayke u-sayke okap a-u-ko-ram-osma
(多様で違ったあり方を認め合う)

ウタラ、ウサイケ ウサイケ アイヌ オロ ワ アカラ。ウサイケ ウサイケ オカプ アウコラムオシマ ウタラ タシ、ニサシヌ ワ チカシヌカラ プリ コロ。メノコ、ピリアンアイヌ、メノコオッカヨ オルン ポン アイヌ、オヤモシリ アイヌ、ヘネ アイヌ オルン ウコシウトゥルウイルケ アイサムカ ワ、エピッタ アイヌ ラッチタラ アイキ アエアシカイ ウタラ アカラ。
ポロンノ ウタラ、ポロンノ プリ アウコイキ “イ アイヌ ネ シンナイ ノ アイキ エアシカイ ウタラ” クス、ヤイ オルン ペ ケウトゥムオシリチウレプ オッタ ヤイコタムケ エアシカイ ウエヨクプリ ロシキペ パセ ルウェ ネ。  
Utar, u-sayke u-sayke aynu or wa a-kar. U-sayke u-sayke okap a-u-ko-ram-osma utar tasi, nisasnu wa ci=kas-nukar puri kor. Menoko, piri-an-aynu, menoko-okkayo orun pon ainu, oya-mosir aynu, hene aynu or un u-ko-si-utur-uiruke a-isamka wa, epitta aynu ratcitara a-iki a-e-askay utar a-kar.
 Poronno utar, poronno puri a-u-ko-iki “i aynu ne sinnay no a-iki a-e-askay utar” kusu, yay or un pe kewtum-o-sir-ciwrep or ta yay-ko-tamke e-askay u-eyok-puri roskipe pase ruwe ne.

(社会は、多様な人々から成り立っています。多様性を認め合う社会こそ、活気と豊かな文化を生み出します。女性・障がい者・性的マイノリティ・外国籍住民・先住民への差別や排除をなくし、すべての人が伸びやかに生きられる社会を創ります。
 多民族・多文化共生の「そのまま違っていられる社会」を実現するために、当事者が自分たちに関わる事柄の決定に参加できる権利と仕組みの確立が重要です。)


◆◆◆


ラウネノ コチャランケ ヘネ ウタラ ヤイコロ チモントゥム アヤイコタムケ ワ アヤイエサンニヨ
Rawne-no ko-ca-ranke hene utar yay-kor cimontum ani a-yay-ko-tamke wa a-yay-e-sanniyo
(熟議と当事者主権にもとづく参加民主主義を実現する)

モシリ キルプ、イコッチャネ クル アヌムケップ パテック ソモ ルウェ ネ。ウタラ アヤイピタ ワ アハウェオカ、アチャランケ、アイキ、アヤイコタムケ ワ アケウトゥムオシリチウレ ワ アヤイエサンニヨ。
モシリ キルプ オッタ ケウトゥムオシリチウレプ、ウタラ オカプ エハンケ ウシ オッタ アイキ。チモントゥム アラムユプコサヌ ワ コタン オッタ アウサライェ ワ、コタン ウタラ ヤイキルプ ヘネ コタン ウタラ ヤイコロ チモントゥム オッタ ヤイエサンニヨ。
イタク ヘネ カムピ アラムユプコサヌ ワ ウタラ アインカラレ ワ、ウタラ、イレンカ オッタ モシリ/コタン キルプ アフイマンパ ワ、パセ ペ、ウタラ ヤイヌムケップ アニ アケウトゥムオシリチウレプ アエアシカイレ。 
Mosir kirup, i-kotcane kur a-numkep patek somo ruwe ne. Utar a-yay-pita wa a-hawe-oka, a-ca-ranke, a-iki, a-yay-ko-tamke wa a-kewtum-o-sir-ciwre wa a-yay-e-sanniyo.
Mosir kirup or ta kewtum-o-sir-ciwrep, utar okap ehanke usi or ta a-iki. Cimontum a-ramu-yup-kosanu wa kotan or ta a-usaraye wa, kotan utar yay-kirup hene kotan utar yay-kor cimontum or ta yay-e-sanniyo.
 Itak hene kampi a-ramu-yup-kosanu wa utar a-inkarre wa, utar, irenka or ta mosir/kotan kirup a-huy-mampa wa, pase pe, utar yay-numkep ani a-kewtum-o-sir-ciwrep a-e-askayre.

(政治は代表を選ぶだけではありません。市民が自由に声を上げ、討議し、行動し、参加して決定する民主主義を実現します。
 政治的決定は、できるかぎり人々の生活に近い場で行なわれます。分権を徹底し、住民自治と市民主権を実現します。
 情報公開を徹底し、市民が行政を監視し、重要な事柄は住民投票や国民投票によって決定できるようにします。)


◆◆◆


ウエカタイェロッケプ ヘネ ソモ ニウェンペ マツナウ チュプカ アジア アカラ ワ、トゥミ、ニウェンペ、ヘネ ウコウイナプ イサム カンナ モシリ オッタ ヤイエサンニヨ。
u-e-katayerotkep hene somo ni-wenpe matnaw-cupka asia a-kar wa, tumi, ni-wenpe, hene u-ko-uynap isam kanna mosir or ta yay-e-sanniyo
(平和と非暴力の北東アジアを創り、戦争や暴力、差別のない国際社会をめざす)

クイペ、ルスイペ、ヘネ アイヌアイヌテイェプ、ニウェエンペ ヘネ ウコウイナプ、ハヨクチモントゥム アニ イレンカ ヘネ トゥミ イサム ウタラ オッタ ヤイエサンニヨ。
モトチ イレンカ シネペサンペ イタク アエプンキネプ カンナ モシリ オッタ アウホトゥイパ、ハヨク チモントゥム アニ イレンカ ヘネ ウエヨクプリ アテイェプ、クイペ ルスイペ ヘネ ウコウイナプ ウサ ソモプニ ワ トゥイェ クス オヤ モシリ ウトゥル イエマウネプ ニサシヌノ アセプレ ワ、イ カンナ モシリ オルン ウテクルイルイパプ アカラ ワ、ウタラ、コタン、オシリ ウトゥル オトゥワシプ ヘネ ウエカタイェロッケプ アセプレ。マツナウチュプカ アジア オルン、モシリ モシリ オロ ワ イクリパンテク ハヨク イサムカ ワ、イメルマウ ヘネ イコロ アウコプンキネプ ヘネ シリ アエプンキネプ、パイェネイケ アフイマムパプ オルン コチャランケプ アニ オトゥワシプ ヘネ ウコエラマンペ アラウネレ ワ、ウタラ ウコルイルイパ アニ モシリ モシリ オロワ シネ コタン アカラペ オッタ ヤイエサンニヨ。
オキナワ ヘネ アイヌ モシリ、シサム モシリ オロ ワ アメリカ トゥミ トパ ウシ アイサムカ ワ、ハヨク アラムユプコサヌ ワ アニンレ ワ、オヤ モシリ ウトゥル ウエカタイェロッケプ アカラ ワ、トゥミ クス ウコルイルイパ ネ シサムアメリカ エラムシリネ アエプンキネプトゥナシノ アイサムカップ オッタ ヤイエサンニヨ。 
 Ku-ipe rusuype hene aynu-aynu-teyep, ni-wenpe hene u-ko-uynap, hayok cimontum ani irenka hene tumi isam utar or ta yay-e-sanniyo.
Motoci irenka sinepesanpe itak a-e-punkinep kanna mosir or ta a-u-hotuypa wa, hayok cimontum ani irenka hene u-eyok-puri a-teyep, ku-ipe rusuype hene u-ko-uynap usa somo-puni wa tuye kusu oya mosir utur i-e-mawnep nisasnu-no a-sepre wa, i kanna mosir or un u-tek-ruyruypap a-kar wa, utar, kotan, mosir utur otuwasip hene u-e-katayerotkep a-sepre. matnaw-cupka asia or un, mosir mosir or wa i-kuri-pan-tek hayok isamka wa, imeru-maw hene ikor a-u-ko-punkinep hene siri a-e-punkinep, paye-neyke a-huy-mampap or un ko-ca-rankep ani otuwasip hene u-ko-eramanpe a-rawnere wa, utar u-ko-ruyruypa ani mosir-mosir or wa sine kotan a-karpe  or ta yay-e-sanniyo.
 Okinawa hene aynu mosir, sisam mosir or wa amerika tumi topa usi a-isamka wa, hayok a-ramu-yup-kosanu wa a-ninre wa, oya mosir utur u-e-katayerotkep a-kar wa, tumi kusu u-ko-ruyruypa ne sisam-amerika e-ramu-sir-ne a-e-punkinep tunasno a-isamkap or ta yay-e-sanniyo.

(貧困と抑圧、暴力や差別、武力紛争や戦争のない社会をめざします。
 憲法9条の堅持を国際社会に明言し、武力紛争や人権蹂躙、貧困や差別などを予防・解決するための外交や施策を積極的に展開し、その国際的な枠組み作りを進め、市民、コミュニティ、国家間の信頼や友好関係を発展させます。特に北東アジアでは、地域の非核化をめざすとともに、エネルギーや資源の共同管理と環境保全、歴史認識に関する議論を通して信頼関係と相互理解を深め、市民の交流と協力を基礎にした地域共同体をめざします。
 沖縄と日本本土の米軍基地をなくし、徹底的な軍縮を進め、関係各国との友好関係を築き、軍事同盟としての日米安保のすみやかな解消を図ります。)

 

 

 

 

ページ先頭に戻る