ホーム > 刊行物・映像 > 刊行物 > 【メッセージチラシ】今なお続く被害者の痛みを分かち合い、原発のない暮らしを...

刊行物

【メッセージチラシ】今なお続く被害者の痛みを分かち合い、原発のない暮らしを…

2015/03/09

今なお続く被害者の痛みを分かち合い、

原発のない暮らしを確かなものに

2011年3月11日の福島原発事故から4年にあたって、緑の党の思いを込めたチラシを作成しました。

  緑の党311チラシ33_01緑の党311チラシ33_02

PDFファイルは→ こちら

 

<掲載内容>
○緑の党運営委員会メッセージ
 
 今なお続く被害者の痛みを分かち合い、原発のない暮らしを確かなものに

○自分のこととして考えてほしい
  蛇石郁子 郡山市議 福島原発告訴団監事
         子ども被災者支援法推進自治体議員連盟会員 緑の党地域代表者協議会委員
○司法の場では明るい動きがではじめています
  笠原一浩 大飯原発差し止め訴訟弁護団事務局長
         緑の党前運営委員
○市民自治から未来をひらく 緑の党、2015年上半期の取り組み

 

ページ先頭に戻る